【小学生におすすめ】人気のシリーズの本(児童書)15選!面白い・夢中になる・思考力を育む・親子で楽しめる本も!

【札幌エリア】無料・ワンコインの室内の遊び場・子どもスポットのまとめ!雨の日も雪の日もOK!博物館もあり!

しょう

こんにちは!休みの日は子どもとあちこちお出かけしているブロガーの しょう(@syoradio1)です。

札幌や札幌近郊エリアで子ども料金が無料またはワンコインの屋内・室内の子どものスポットまとめました!
小さな子どもから遊べるキッズスペースや博物館など、雨の日や雪の日のお出かけに子どもと訪れたい場所です。

お財布に優しくて、親子で楽しめる場所が大好きです。

クリックできるもくじ

札幌エリアで無料、ワンコインで屋内の子どもの遊び場、子連れスポット

札幌と札幌近郊で子ども料金が無料・ワンコインで屋内の子どもの遊び場、子連れスポットをまとめました。雨の日や雪の日、どこにも出かけられず子どもと家の中で持て余す休日も多いですよね。夏休みや冬休みの長期休暇のときも困ったり…。

そんなときに助けてもらったのが、無料やワンコインの格安で子どもと一緒に楽しめる屋内の遊び場や施設、博物館など。親子で楽しめるスポットが札幌や周辺エリアにはたくさんあります。

そこで、札幌や周辺エリアで、子ども料金が無料・またはワンコイン、かつ屋内のスポットをまとめてみました。ぜひお出かけの参考にしてくださいね!

あわせて読みたい

完全無料の施設はこちらの記事から。札幌エリアで親子共に完全に無料の屋内の施設・子連れスポットをまとめています。

札幌市:無料、ワンコインの子どもスポット

札幌市内で無料またはワンコンインの遊び場などの子どもスポットです。

札幌市青少年科学館 中学生以下は無料・楽しく学べる科学館!

札幌市青少年科学館は、中学生以下は無料の施設。我が家も足しげく通っているスポットです。

親子で楽しみながら学ぶことができ、幼児からでも楽しめるのも嬉しいポイント。地下鉄駅・JR駅(新さっぽろ)からすぐのアクセスもいいです。

主に土日に開催されている工作体験は、入館料不要(大人も)で、制作体験料のみで工作の体験ができます。工作は、夏休み・冬休みの自由研究にもおすすめ。

札幌市青少年科学館の開館時間、アクセスなどの情報
  • 住所:北海道札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20
  • 最寄り駅:新さっぽろ駅から徒歩約1分
  • 開館時間:5月〜9月:午前9時から午後5時まで、10月〜4月:午前9時30分から午後4時30分まで (入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、毎月最終火曜日、祝日の翌日、 特別展最終日の翌日、12月27日〜翌年1月4日まで
  • 料金:中学生以下無料、大人 700円
  • 公式サイトはこちら

▽MAP

リニューアルされたプラネタリウムもおすすめです。

北海道大学総合博物館 入館無料!リニューアルした展示が楽しい!

北海道大学総合博物館は、北海道大学のキャンパス内にあり、入館は無料です。

2016年7月にリニューアルオープンし、展示内容が一新。体験型の展示も多くなり、より楽しく学べる博物館へ。触ることができる展示が多くて子どもたちも興味津々、親子で楽しめるスポットです。北海道大学への観光のついでにも立ち寄りたいスポットです。

詳しい情報はこちら

▽北海道大学の学食・レストランの紹介 誰でも利用OKです!

札幌市博物館活動センター 入館無料・自由研究のヒントもたくさん!

サッポロカイギュウの化石

札幌市博物館活動センターは、豊平区の平岸にあり入館無料の施設です。

札幌の地質や植物や化石などの展示があり、定期的にイベントなども開催されていますよ。自由研究のヒント探しにもおすすめの場所です。

詳しい情報はこちら

▽札幌市博物館活動センターの詳しい情報はこちらの記事で紹介しています

札幌市水道記念館 入館無料!キッズスペースあり・水遊びもできる

札幌市水道記念館は、入館無料の施設。2017年に展示内容の一部がリニューアルしました。

水道のことを学べる体験型の展示が多くて、親子で楽しめるスポット。
さらに、嬉しいポイントは充実した幼児向けのキッズスペースがあること。施設を見学後にはゆっくり遊ばせることができます。夏場には水遊びスポットとしても人気がありますよ。

冬季期間は閉鎖になるので注意してくださいね!

詳しくはこちら

下水道記念館 入館無料!幼児から楽しく学べる施設

下水道記念館は、体験型の展示で下水道について学ぶことができます。入館は無料ですよ。札幌市のマンホールカードも配布しています

下水道記念館のおすすめポイント!
  • 入館無料
  • ベビーカーのまま入館可(館内バリアフリー)
  • 授乳室、おむつ替えコーナーあり
  • 飲食可能なスペースあり、自販機、水飲み場あり
  • 絵本コーナーあり
  • 体験型の展示、3Dシアターあり
詳しくはこちら

下水道記念館について、詳しくはこちらの記事で紹介しています

札幌市豊平川さけ科学館 入館無料のミニ水族館!餌やり体験もあり

札幌市豊平川さけ科学館は、入館無料の施設。

サケの仲間の魚やオショロコマなどの珍しい魚も見ることができまるで小さな水族館のよう。幼児からおすすめできる子連れスポットです。餌やり体験もできますよ。

おすすめポイント・子連れチェックポイント
  • 対象:幼児・小学生から大人まで
  • 雨でもOK(ただし、展示の一部は屋外)
  • 入場無料
  • 駐車場あり(土日は有料、冬期間は土日にかかわらず無料)
  • ベビーカー持ち込みOK(ただし、展示コーナーに階段あり)
  • オムツ交換場所:あり
  • 授乳室:なし
詳しくはこちら

▽札幌市豊平川さけ科学館の詳しい情報はこちらの記事で紹介しています

札幌市市民防災センター  親子で防災について学べる!

はしご車と記念撮影

札幌市市民防災センターは入館無料の施設です。
親子で防災について学ぶことができる体験型の施設。地震や火事などもしものときにそなえて、家族で話し合うきっかけにもなりますよ!制服を着て、消防車に乗って記念撮影をすることもできます。

子連れチェックポイント
  • 飲食物の持ち込み:不可
  • レストラン・カフェや売店:なし
  • 自動販売機:あり
  • おむつ交換台・授乳室あり
  • コインロッカーあり
  • ベビーカーのまま入館可
  • 対象:幼児から大人まで
  • 雨・雪の日でもOK
詳しくはこちら

▽札幌市市民防災センターのアクセス、施設などの詳細はこちらの記事で紹介しています

えほん図書館(白石区庁舎内) 地下鉄駅直結の絵本の図書館!

洋書のコーナーも充実!

2016年11月にオープンしたえほん図書館。白石区庁舎内にあります。図書館なのでもちろん入館は無料。白石区民でなくてももちろん利用OKです。

小さな子ども連れから安心して訪れることができる場所で、親子でのんびり絵本を楽しむことができる空間です。地下鉄直結も嬉しいポイントです。

新さっぽろ サンピアザ水族館 何度も通いたい水族館!年間パスもお得

新さっぽろにあるサンピアザ水族館。こぢんまりとしていながら、まちの水族館という佇まいがあり、何度も通いたい水族館です。展示が工夫されているので親子で楽しめますよ。

入館料は、子ども(3歳以上中学生まで) 400円 、3歳未満は無料

オリンピックミュージアム(旧:札幌ウインタースポーツミュージアム)

ボブスレーに乗り込み中

オリンピックミュージアムは中学生以下は入館無料の施設。
大倉山展望台、ジャンプ競技場のとなりにある施設で2017年2月21日にリニューアルオープンし「オリンピックミュージアム」と名称も変わりました。

スキーや、アイスホッケーなどのウインタースポーツがゲーム感覚で疑似体験できる施設です。子どもも大好きな場所。

白い恋人パーク 工場見学ができる体験型の施設!ミニSLも楽しい

白い恋人パークの工場見学の入館料は3歳以下無料、中学生以下200円。

あの有名なお菓子「白い恋人」の製造工程を見学できる、「白い恋人パーク」です。
工場見学だけでなく、四季折々の楽しみや、子どもが楽しめるお庭、スイーツにお菓子作り体験、ミニSLなどもあり楽しみ方は盛りだくさんあります。

詳細はこちらの記事からどうぞ

さらに、白い恋人パーク内に屋内の遊び場「キッズタウン」が2017年1月に登場しました。おままごとやお絵かきコーナーやベビーコーナーもあり。
白い恋人パーク入館パスポート(当日分)で30分無料。延長30分毎に200円

北海道博物館 触れる展示や体験型の展示が楽しい!

北海道博物館は、中学生以下は入館が無料の施設です。

さわれる展示や体験型の展示が多く親子で楽しく学べるスポットです。
マンモスやナウマンゾウの骨格展示やドングリに見立てた木の球を転がす生き物たちの北海道ゾーンが子どもたちに大人気。

はっけん広場では、さまざまな「はっけんキット」で遊んだり、体験することができます。
お手玉や輪投げ、ビー玉、めんこなどの昔遊び、昔の衣装を着るキット、実際の赤ちゃんと一緒の重さの人形を背負う体験キットなど種類がたくさんあります。

野外博物館 北海道開拓の村 昔遊びの屋内施設もあり!

北海道開拓の村

野外博物館 北海道開拓の村は、中学生以下無料の施設です。
屋外のスポットですが、伝統遊具づくりや昔遊びは屋内で体験することができます。

野外博物館 北海道開拓の村 詳細情報
  • 料金:中学生以下無料、大人…800円、大学生・高校生…600円
  • 開村時間:4月1日~4月30日午前9時~午後4時30分(入村は4時まで)、毎週月曜日休村(祝日、振替休日の場合は翌日が休村)
    5月1日~9月30日:午前9時~午後5時(入村は4時30分まで)、無 休
    10月1日~3月31日 :午前9時~午後4時30分(入村は4時まで)毎週月曜日(祝日、振替休日の場合は翌日が休村)、年末年始(12月29日~1月3日)は休村します。
  • 住所:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
  • 公式サイト

札幌芸術の森 佐藤忠良記念子どもアトリエ

札幌芸術の森の子どもアトリエでは、ブロンズ粘土を使った彫刻体験が楽しめます。体験料は300円。(※料金は体験時のものです)

我が家も親子でブロンズ粘土を使った彫刻体験を楽しみました。定期的にワークショップやイベントも開催されているので、いろいろな体験をすることができますよ。

札幌芸術の森 佐藤忠良記念子どもアトリエの情報
  • 場所:札幌芸術の森野外美術館内(野外美術館入口から2~3分)
  • 開館時間:9:45~17:00 ※6~8月は17:30まで 11月4日~翌年4月28日は15:30まで
  • 観覧料:高校生以上700円(※野外美術館入館料) 中学生以下無料 ※11月4日~翌年4月28日の野外美術館休館中は、観覧料が無料になります。
  • 休館日:
    • 4月29日~11月3日は無休
    • 11月4日~翌年4月28日は月曜日(月曜が祝日及び振替休日の場合は開館し、翌火曜休館)
    • 年末年始(12月29日~1月3日)

公式サイトはこちら

▽MAP

北海道コカ・コーラボトリング札幌工場の見学

見学無料。事前の予約が必要です。

試飲やお土産付きでお得感も高く、大人も子供も楽しく学べる工場見学です。自由研究のテーマにもおすすめですよ!

北海道コカ・コーラボトリング札幌工場の見学 詳しくはこちら

▽工場見学を探すならこちらの記事もおすすめ

川下公園 りラックスプラザ屋内広場

川下公園 リラックスプラザ屋内広場は、無料で遊べる屋内公園です。
広々とした人工芝のスペースにコンビネーション遊具が置いてあります。
その隣には飲食可能なスペースがあるので、お弁当持参で訪れてもいいですね。

さっぽろ東急百貨店 なかよし広場・ちびっこ広場

小さな滑り台もあり


さっぽろ東急百貨店にある「なかよし広場・ちびっこ広場」は、2016年7月に遊具がリニューアルして、より遊ばせやすくなりました。利用は無料です。

札幌ドーム キッズパーク イベントがない日は無料で遊べる屋内公園!

札幌ドームでイベントがないときは、無料でキッズパークが解放されています。
ボーネルンドの大型のアスレチック遊具があるので、体を動かした遊びをすることができます。我が家も冬の間や夏休みなど、札幌ドームのカレンダーを確認しては、よくお友達と遊びに利用していました。公園遊びができない季節でも体をめいいっぱい動かせるスポットなので、ありがたい施設です!

札幌ドーム キッズパークの利用案内

美しが丘TUTAYA コーヒーと広々としたキッズスペースがある本屋さん

キッズコーナー

美しが丘TUTAYAは、広々とした幼児向けのキッズスペースが店内にあります。親は美味しい珈琲を片手に本を読みながら、子どもを見守ることができます。

詳しくはこちら

札幌市子ども人形劇場こぐま座

ノスタルジックな外観の「こぐま座」

中島公園の一角にある子ども人形劇場こぐま座。幼児のための公演も随時行っており、小さな子どもから気軽に人形劇を楽しめる場所です。我が家も足しげく通った大好きな劇場です。

料金は、こども(3歳以上~中学生)300円など。公演により異なります。

詳しくはこちら

▽札幌市子ども人形劇場こぐま座の詳しい情報はこちらの記事で紹介しています

札幌市こどもの劇場やまびこ座

劇場内の様子

札幌市東区にあるやまびこ座は、週末や祝日を中心に子どもが楽しめる劇やミュージカル、読み語りなどさまざまな種類の劇が上演されています。ロビーでは昔遊びが楽しめ、飲食可能な休憩スペースもあり、訪れやすい劇場です。ぜひ親子で足を運びたい施設です。

料金は公演により異なりますが、子ども料金が300円~500円、または無料のものがほとんどですよ。

詳しくはこちら

【江別市】無料またはワンコインの子どもスポット

続いては、札幌市の隣りにある江別市で、無料またはワンコインの遊び場、子どもスポットを紹介します。

北海道立埋蔵文化財センター(江別市)

江別市にある「北海道立埋蔵文化財センター」は入館も体験料も無料!入館だけでなく、体験料まで無料なのはすごいですよね!

展示は、北海道で出土した遺跡など。体験は、勾玉づくりや砂絵などができます。

アースドリーム角山牧場 屋内の遊び場あり!(ドリームランドこどもの国)(江別市)

屋内にツリーハウスが!

アースドリーム角山牧場は動物たちと触れ合える観光牧場ですが、2016年に新たな屋内の遊び場が誕生しました。手作り感あふれるツリーハウスや天空トンネルがとっても楽しい。

美味しいレストラン、動物ふれあいとともにゆっくり過ごせる場所です。うさぎさんをたっぷりと抱っこして癒やされにいきましょう。

アースドリーム角山牧場(ドリームランドこどもの国)の入場料金は、小学生以上1人200円。未就学児は無料です。

江別市子育てひろば ぽこあぽこ(江別市)アスレチック遊具が楽しい!

大型複合遊具やウォールクライミングが人気

江別市子育てひろばは、屋内で体を使ってめいいっぱい遊ばせることができる施設です。複合アスレチック遊具や、クライミングなど、たくさんの遊具があります。料金は無料。こんなに充実していて無料なのは、素晴らしすぎます!

詳しくはこちら

▽江別市子育てひろば ぽこあぽこの詳しい情報はこちらの記事で紹介しています

【小樽市】無料またはワンコインの子どもスポット

小樽市で無料またはワンコインの遊び場、子どもと訪れたいスポットの紹介です。

ハンズオントーイ キンダーリープ プレイスペースがあるおもちゃ屋さん!

小樽にあるおもちゃ屋さんです。2階は有料(時間制)の子供のプレイスペースとカフェになっています。

料金:1時間300円(大人・子ども1歳以上共通、キンダーリープ会員は200円)

珍しいヨーロッパおもちゃがたくさんあり、カードゲームやボードゲームもあるので、赤ちゃん・幼児から小学生まで楽しく遊べる場所ですよ!

詳しくはこちら

▽ハンズオントーイ キンダーリープはこちらの記事で紹介しています

小樽市総合博物館(小樽市)

小樽市総合博物館は、小樽市にある博物館。敷地内を本格的な蒸気機関車が走り、乗車することもできます。転車台はまるできかんしゃトーマスの世界!乗り物好きな子どもにもおすすめ。入館料は、中学生以下無料です。

プラネタリウムや土日祝日の工作教室もあります。

小樽市総合博物館のアクセス・開館時間などはこちら
  • 住所:北海道小樽市手宮1-3-6
  • 入館料:中学生以下無料、大人400円
  • 開館時間:午前9時30分から午後5時(本館・運河館とも)
  • 休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
  • 公式サイト

岩見沢市:無料またはワンコインの子どもスポット

であえーる岩見沢あそびの広場

未就学児は無料、小学生以上は100円の屋内の遊び場。

2時間で入れ替え制。広々とした館内は、思いっきり体を使って遊べる遊具がたくさん。絵本や積み木などのおもちゃも充実しています。
何よりすごいのは、安全装置をつけてする本格的なクライミングウォール。札幌方面からわざわざ訪れる価値がある遊び場でした。

千歳方面:無料またはワンコインの子どもスポット

「あそびのくにピッピ千歳」

  • 2時間(120分)の時間入れ替え制で大人も子どもも350円

千歳市にある「あそびのくにピッピ千歳」は、国内最大級の広さがある遊び場ですよ。
おすすめポイントを紹介します。

あそびのくにピッピ千歳のオススメポイント

  • 国内最大級の屋内の遊び場でとにかく広い
  • 遊び場はボーネルンドプロデュース
  • 見たこともないような最新の遊具もそろっている
  • 赤ちゃん・小さな子専用のスペースもとにかく広い
  • 同じ建物内に、まちライブラリー(図書館)とカフェがあり、一緒に訪れるのにおすすめ
  • 駐車場あり・千歳駅からも徒歩圏内でアクセスがよい

▼あそびのくにピッピ千歳の詳しい情報はこちらの記事から

千歳タウンプラザ「まちライブラリー」

  • 料金は無料

千歳タウンプラザにある「まちライブラリー」は民間の図書館。
絵本コーナーは、大型絵本がそろっていてのんびり読み聞かせするのにもぴったりですよ。

千歳タウンプラザ「まちライブラリー」のおすすめポイント

  • 絵本コーナーがある
  • 館内は飲食自由
  • まちライブラリーカフェがあり、窯焼きピザや自分で作るスイーツも楽しめる
  • 同じビルの2階には、国内最大級の屋内の遊び場「あそびのくにピッピ千歳」がある

▼千歳タウンプラザ「まちライブラリー」の詳細はこちらの記事から

まとめ 雨や雪の日でも屋内で楽しく過ごそう!

雨の日や冬の時期になると、子どもと遊びに出かけたいけれども、なるべくお金をかけずに楽しく遊べる場所はどこだろう…と毎回のように悩んでしまいます。
同じ悩みを抱える人の少しでもお出かけのヒントになればと思い、まとめてみました。

最後に、紹介したスポットを一覧で見てみましょう。

しょう

親子でもてあましそうな休日の過ごし方などの参考にぜひしてくださいね!

札幌エリアで親子共に完全に無料の屋内の施設・子連れスポットをまとめている記事はこちらです。

▼PICK UP ▼