【小学生におすすめ】人気のシリーズの本(児童書)15選!面白い・夢中になる・思考力を育む・親子で楽しめる本も!

キャンディラボCandyLabo・観覧車のキャンディ販売機がかわいい!|白い恋人パーク 札幌

観覧車のキャンディマシーン

こんにちは。札幌在住のしょう(@syoradio1)です。先日、子どもと白い恋人パークへ行きましたが、その中に入っているショップのキャンディラボがかわいすぎるので紹介します。

白い恋人パーク キャンディラボ

キャンディラボは、お菓子職人が作るキャンディが販売されているショップです。
ただキャンディが販売されているだけでなく、おすすめポイントがあるので紹介します。

100円で回る観覧車から出てくるキャンディスティック

店内に入ってとまず目に飛び込んでくるのは、小さくてレトロな観覧車。
なんとこれは、言ってしまえばキャンディの自動販売機。

観覧車のキャンディマシーン
観覧車のキャンディマシーン

100円硬貨を入れると観覧車はきらきら光って回りだし、音が止まるとキャンディスティックが一つ出てきます。
キャンディは10種類あり、どの種類が出てくるかはお楽しみです。
これはついついやってみたくなりますね。

スティック型のキャンディが出てきます。美味しくてかわいい!
スティック型のキャンディが出てきます。美味しくてかわいい!

必見!職人が繰り広げるパフォーマンス

店内では、窓ガラス越しに職人がキャンディをつくる様子を見学することができます。

窓ガラス越しに眺める職人さんのまるでマジックのように鮮やかに飴を作りだす様子は大人も子どもも思わずじっと見入ってしまいます。

ガラス越しに職人さん技が見られます
ガラス越しに職人さん技が見られます

飴をびよーんとのばして、色を重ねて、丸めて……。

あっという間に、カラフルでさまざまな模様が入っているかわいらしいキャンディの完成!

運がいいと、出来たてのほんわかした暖かさが残る飴を試食することもできます。

キャンディ1つ1つがかわいくて美味しい!

キャンディラボで売られているキャンディは一つ一つ絵柄がかわいいです。
小さなキャンディ一つ一つに、細かい模様がついていて思わず見入ってしまいます。

IMG_8298.JPG
クリスマス時期の限定商品。サンタさんにトナカイに雪だるまに。食べるのがもったいない!

 

種類もたくさんあります。種類ごとにしっかりとしたフレーバーがついていて味が美味しいです。ゆっくり味わってなめていたタイプのキャンディです。

子どもにあげるとがりがりかじってあっという間になくなるんですけどね(悲)

種類がたくさんあって悩むーー!
種類がたくさんあって悩むーー!

キャンディのお値段は小袋で216円からです。お土産などにもいいですね。

ここでしか買えない限定商品や季節ごとの限定商品も販売されているので気になる方は訪れたときにチェックしてみてくださいね。

今回のしょうラヂオ。

今回は、白い恋人パーク内にある「キャンディラボ」の紹介をしました。
かわいくて美味しくて、見た目も味もお土産にもおすすめの一品です。100円の観覧車もぜひ。
いつもは子どもにどんなにせがまれても滅多にやらないガチャガチャですが、この観覧車は進んで硬貨を入れていました。観覧車が動いてキャンディを一つ運んでくるなんて、夢があるような感じがしていいですね。

白い恋人パークの他の記事はこちら

▼白い恋人パーク 工場見学の紹介!SLも

▼ジャンボパフェがすごい!レストランの紹介
▼イルミネーションもきれい!お庭部分は入場無料です
▼屋内の遊び場「キッズタウン」が白い恋人パークに新登場!

札幌エリアでおでかけスポットを探すならこちら

▼札幌エリアのワンコインで遊べる遊び場のまとめ

▼札幌エリアで無料の子連れスポット

▼札幌エリア 子連れ観光ならここ

▼PICK UP ▼