【攻略ガイド】さっぽろ雪まつりを楽しむためのおすすめ紹介!子ども連れにも!

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

まだデータがありません。


こんにちは。札幌在住のしょう(@syoradio1)です。雪国ならではの寒い季節と冬のアクティビティをめいいっぱい楽しんでいます。
せっかくの雪国、寒い・辛いと暮らしているより、楽しまなきゃ損ですよね。

今回は、このブログでもたびたび紹介しているさっぽろ雪まつりの楽しみ方をまとめました。
服装や子連れにおすすめのつどーむ会場の攻略方法、一緒に立ち寄るのにおすすめなスポットなど、雪まつりを楽しむためのノウハウとおすすめを地元住民の目線で一挙に紹介します。

スポンサーリンク

服装は?真冬日の寒さは?スキーウェアは必要?

やはり、冬の時期に北海道に観光で訪れる方が一番気になるのは、服装ですよね。

冬の季節に札幌に遊びに来た友人は、ものすごいもこもこの厚着をして来ます。雪まつりなどの外のイベントを楽しむならその発想は間違っていません。

さっぽろ雪まつりのおすすめの服装についてまとめてある記事です。参考にしてみてください!

さっぽろ雪まつりのおすすめの服装ガイド!スキーウェア?靴は?

2016.01.10

 

こちらは、地元民の感覚をズバリと書いた記事です。実生活は意外とこうなんですよ。
さっぽろ雪まつりで参考にしてほしいのは、上の記事ですが(笑)気になる方は合わせてぜひ!

えっ!北海道って凍えるぐらい寒いから厚着でしょ!!という誤解を解いてみようと思う

2016.01.27
スポンサーリンク

冬のアクティビティは、つどーむ会場がおすすめ!

子ども連れの場合、ぜひ体験してほしい冬のアクティビティはチューブ滑りなどのそり滑り。
さっぽろ雪まつりでは、つどーむ会場で体験できます。

しかし、1つ難点が!!

すっごい混みます。行列覚悟の大混雑

そこで、穴場の時間帯の紹介や、混雑を避けるための楽しみ方などをこちらの記事でまとめました。
つどーむ会場へ訪れる予定の方はぜひ参考にしてみてください。

さっぽろ雪まつり「つどーむ会場」、穴場の時間帯は?おすすめ7つを徹底紹介!

2016.01.11

2017年につどーむ会場に新しく登場するアトラクションや変更点をまとめました。ソリ持ち込みOKに、新しいスポーツなども。詳細は、こちらの記事からどうぞ

2017年さっぽろ雪まつり「つどーむ会場」はそりの持ち込みOK!新登場のアトラクションを紹介!

2017.01.23

さっぽろ雪まつりのつどーむ会場以外で、札幌や周辺で雪遊びやそり遊びを気軽に楽しみたい方はこちらのスポットがおすすめです。

札幌の雪遊び・そり遊びのスポット紹介!【7選】観光・旅行にも!

2015.11.18

札幌の子どもたちはそりを手作りして近くの公園で遊んだりします。米袋を使うので米そりと呼ばれています。
ほとんどの幼稚園や保育園では、米そりを各家庭で作って持参する必要があります。雪国ならではの持ち物ですよね。

意外と簡単に作れます。

100均で簡単にできる!かわいい米そり(米袋そり)の作り方|雪遊び 持ち物

2015.11.26

大通会場のおすすめは、プロジェクションマッピング!!

雪まつりならではの大雪像の迫力を味わうのなら、やはりメインの大通り会場へ。
雪像の大きさと、精巧さにきっと驚かされるはずです。

▼2017年さっぽろ雪まつり大通会場の紹介記事

2017年『さっぽろ雪まつり』大通会場へ!人気はFFにスターウォーズにやはりPPAP?

2017.02.07

おすすめはライトアップされる夜の時間帯。真っ白な雪像はプロジェクションマッピングとも相性がばっちり!
とてもきれいです。

【さっぽろ雪まつり】大通会場はプロジェクションマッピングがおすすめ!今年も開催決定|札幌

2016.01.28

さらに、さっぽろテレビ塔からは雪まつり会場である大通公園を一望することができます。
雪まつり期間は札幌テレビ塔の展望台から大雪像を見下ろすのもおすすめです。札幌の夜景とともに楽しむことができます。

札幌テレビ塔で大通公園の夜景を堪能!作りかけの大雪像も見えたよ!

2016.02.01

夜景といえば、札幌は、『新・日本三大夜景』の1つに選ばれました。
札幌の美しい夜景が見られるスポットはこちらの記事を参考にしてください。

札幌は新・三大夜景の1つ!おすすめの夜景スポット6選はここ!

2015.10.14

大通り会場のテレビ塔の下にはスケートリンクが毎年登場します。
夜の時間はライトアップされて、幻想的な雰囲気で屋外スケートを楽しむことができます。

スケートリンクが大通り公園に登場、楽しんできました!さっぽろ雪まつり

2016.01.30

雪まつり開催前、開催後の楽しみかた

雪まつりの開催前に訪れると、そこはまるで工事現場のよう。大雪像には足場が組まれ、クレーン車などの重機がフル活動。
自衛隊員による職人技のような細かい作業も目を引きます。
開催前の見学も違った一面が見られて楽しめます。

さっぽろ雪まつりの開催前の楽しみ方!大雪像をつくっている様子を見学|札幌

2016.01.30

時間をかけて作る雪像ですが、壊すのは一瞬です。巨大な雪のかたまり、危ないですからね。雪の残骸は春先まで残っていますが…。
開催終了の翌日にはすべて取り壊されます。取り壊される様子の見学も迫力満点です。

あわせて楽しみたい!札幌のおすすめ観光スポットの紹介

札幌には、美味しい食べ物だけでなく、魅力的な観光スポットがたくさんあります。
こちらの記事では、おすすめの観光スポットを30カ所まとめて紹介しています。なんと、30カ所ですよ!気合が入ってます。

子連れファミリーにおおすすめな場所もあります。札幌愛にあふれた(?)記事ですが、観光の参考になれば嬉しいです。

札幌のおすすめ観光スポット30選!子ども向け、エリア別、体験型、自然や動物、工場見学…など徹底紹介!

2016.01.21

冬ならではの見学スポットといえば、一面氷と雪に覆われたアイスホテルの体験などもおすすめです。まるで異世界でした。

「アイスヒルズホテルin当別」で氷のホテルを体験、氷の世界はまるでアート!

2016.01.31

札幌近郊(栗山町)の老舗の蔵元の見学お蕎麦を頂くプランなんていうのもおすすめです。

今回のしょうラヂオ。

今回は、さっぽろ雪まつりを楽しむためのヒントをギュッとあつめてみました。
地元住民でも観光で札幌に訪れた方も、旅のプランや行先の参考になれば嬉しいです。

書きながら改めて実感しました、『札幌、北海道が大好きだなー!』
住んでいる場所が大好きって幸せですよね。
これからも北海道LOVEを前面に押し出して、記事を更新していきたいなと思いつつ、札幌からしょう(@syoradio1)がお届けしました。

おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
twitterでしょうをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です