【子連れドイツ旅行記1日目】いざドイツへ出発!11時間以上のフライトに子どもは耐えられるか?


ドイツ
しょう
こんにちは。 夏休みに家族で11泊のドイツへ旅行したしょう(@syoradio1)です。

前の記事では、どうしてドイツに行ったのか?旅の予算や、事前に予約したものを紹介しました。

本記事から旅日記のスタート。いよいよ、ドイツに向けて出発します。子連れドイツ、子連れヨーロッパ旅はどんな旅だったのでしょうか。

子連れでドイツ11日間の旅行!スケジュールや予算・準備したものはこれ|子連れヨーロッパ

2019年9月11日

いざ出発!ひたすら移動する一日のはじまり

さあ、いよいよドイツに向けて出発する日がやってきました。飛行機は成田発午前9時の便なので早起き。

国際便は出発時間の2時間前までに空港に到着するのが目安なので朝は4時に起きました。

前日までに荷造りは終了しているので、4時に起きてすぐに出発。

予約していた成田空港近くのパーキング(空港利用者向け駐車場 サンパーキング)まで車で向かいます。荷物もありますし、車で行ける距離だったら、行きも帰りも自家用車だと便利で楽ですよね。

小山市から成田空港までは車で1時間半ぐらい。車で行ける距離内に大きな空港があると便利ですよね。6時には駐車場に到着しました。

あわせて読みたい

※栃木県小山市(おやまし)の情報は地域ブログ「おやナビ!おやま」で発信しています

栃木県小山市の情報を地域ブログ「おやナビ!おやま」で発信しています!

2019年9月4日

モバイルWifiを受け取る

成田空港についたのは朝の7時前。出発時間は、成田発9時15分。

待ち時間の間に、予約していたwi-fiを受け取ります。QRコードを提示だけで、とてもスムーズに受け取ることができました。

最近は、海外旅行のときはグローバルwifiを利用しています。料金も安く、受け取りも返却もスムーズ。海外に出張によく行く夫もいつも利用していて、とくに問題も不満もなく利用しています。

子どもはお小遣いで両替体験

大きな額の外貨(ユーロ)は、あらかじめ郵送のサービスを利用して両替済みでしたが、子どもたちは自分のお小遣いを手に握り空港で両替をする体験をしました。

お小遣いの両替を体験

お小遣いの両替を体験

子どものお金は3人分それぞれ自分のお財布で管理。

現地で欲しいお土産があったら、お財布と相談し、自分のお財布のお金で自分で買い物をするという方針です。

金額を考えながら一生懸命買い物をしていたので、この方式はとてもよかったです。海外で自分で買い物をするという経験にもつながりました。

11時間を超える長いフライトに子どもは耐えられる?

利用した飛行機は、ソウルの経由便の大韓航空。

フランクフルトには現地時間の17時40分に到着予定です。フライト時間はソウル〜フランクフルト間で11時間以上。

子ども3人は長いフライト時間に耐えられるのか…というのが旅の大きな不安の1つ。

よみがえるのは、苦くて痛い記憶。

子どもがまだ小さいときに、私一人で子ども3人を連れてソウルまでの飛行機に乗ることがありましたが、当時1歳ちょっとの娘はまだ抱っこしていました。

抱っこで押さえつけられるのが嫌で暴れて怒り、怒った娘はわたしの二の腕をかぶり。

痛い!あざになって残るぐらいの歯型がくっきりと…。私も娘にとっても苦痛でしかない時間を過ごした苦い記憶があるのです。

いや、でも今回は小学生。さすがに暴れたりかじったりはないでしょう。

そして、結論から言うとまったく問題ありませんでした。

子どもは3人それぞれ飛行機の中で楽しんでいました。安心!すごい!成長を感じる、母は嬉しいぞ。

子どもたちの飛行機の過ごし方
  • 備え付けのディスプレイで、子供向けの映画やゲームを楽しむ
  • FireタブレットにダウンロードしておいたAmazonプライムの映画を見る
  • 出発直前で購入した3DSのソフトで遊ぶ…子ども3人ともDSを持っているので、3人分ダウンロードしておいた

小学生ぐらいになると長いフライトでも耐えられるようですね。

むしろ、ゲームをやりすぎても注意されることなく時間無制限に遊び続けられる空間を楽しんでいたぐらい。下の娘は小学2年生ですが、大丈夫でした。

出発直前に思い立って3人分ダウンロードしたDSのソフト(にゃんこ大戦争?)もある意味大正解。旅の間も、列車の移動中も「にゃんこ大戦争」をしてましたよ、ドイツで!!(いや外の風景を楽しもうよ…)

飛行機であえて困ったことといえば、好き嫌いが多い息子の食べ物。

わたしも娘も大韓航空の機内食をとても美味しくいただきましたが、息子が食べられる、食べたいものがあんまりなかったようです。

お腹をすかせていた息子は、軽食でもらったピザをこれほどもなく美味しそうな表情を浮かべて食べていましたよ。

わたしは機内食では、事前に調べて楽しみにしていたビビンバをいただきました!大韓航空ならではですよね。

ご飯とナムルとキムチ?を真ん中の大きな皿に混ぜていただきます。辛味が効いていてタコやイカなどが入っている海鮮系のビビンバでした。美味しかった!

とにかく、一番懸念していた子どもたちの飛行機が問題なかったのでよかったです。

フランクフルトに到着!気候はまるで爽やかな北海道の夏!

無事にフランクフルトに到着!着いたー!

外気が肌に触れた瞬間に感じたのは「まるで北海道みたい!」というサラッとした空気。

湿度が低くてからっととしている気候は、とても爽やか。まるで北海道の夏のような天気です。

少し手間取りましたが、予約していたホテルまでの送迎タクシーの運転手さんを空港で無事に見つけて、ホテルまで移動しました。

これも、前回の上海の旅からの学びです。空港からホテルまでの移動が大変だったので!

現地時間では夕方ですが、日本時間だと深夜で、さらに3人の子連れなので送迎を頼んでおいてよかったです。

フランクフルト4泊で家族で2万円?快適すぎるホテルがすごい!

ドイツはユースホステル発祥の地でもあります。

ユースホステルは予め会員になる必要がありますが、フランクフルトなどの都市の中心部にはユースホステルのように利用できるプライベート・ホステルがあり、今回の旅ではホステルの存在がありがたすぎました。

部屋は相部屋だけでなく、ファミリープランの部屋も充実しているので、フランクフルトの4泊とミュンヘンの4泊は「プライベートホステル」を利用。

フランクフルト4泊で宿泊料金は、5人家族で合計2万円弱。格安ですよね!安すぎる!

次にドイツに行ったときもこのホテルを利用したい!(また行きたい!)

実は上海旅行のときの経験もあり、あまりに安い料金だったので、現地に到着し、部屋に入るまで半信半疑。でも、今回は大丈夫。ホテルの外観も部屋もとても清潔できれい。

利用したホテルの外観

利用したホテルの外観

とてもきれいな部屋!

とてもきれいな部屋!

旅をしていて気が付きましたが、ドイツ人はとてもきれい好きなんですよね。どこもかしこもきれい。どこのトイレもきれいで、安心して旅ができました。(トイレのきれいさは日本よりも上ですね!)

いつまでも暗くならないフランクフルトの空(夜の8時でも普通に明るい!)を眺めながら眠りにつきました。

今回の旅日記

無事にフランクフルトにたどり着くことができました。

爽やかすぎる気候が気持ちいい!飛行機も大丈夫で、ホテルもいい感じ。トラブルなし。

さてさて、明日からドイツの観光の始まり。

明日は、さっそく午前中にフランクフルトを観光して、お友達に会う予定。ニンテンドーヨーロッパにも連れて行ってもらえる予定です。楽しみだなぁ。


この記事も読まれています!