【小学生におすすめ】人気のシリーズの本(児童書)14選!面白い・夢中になる・思考力を育む・親子で楽しめる本も!

太平洋フェリー「きたかみ」船内の設備をたっぷり紹介!苫小牧フェリーターミナルも

こんにちは。

ただいまショウは、春休み。家族で旅行中です。

去年の春休みは沖縄、その前はお伊勢参り、3年前はと毎回のようにどこかへ旅してる我が家です。

行き先にもよりますが、フェリー愛用の我が家。

今回は、苫小牧→仙台航路で利用した「太平洋フェリー」の「きたかみ」を紹介します。

フェリー乗船までの手続き、苫小牧フェリーターミナルの紹介

まずは、乗船手続きをします。

乗船手続きはフェリー出航の2時間前までが目安。

飛行機に比べると、だいぶ早めに手続きする必要があります。

混み合っていることが多いので時間には余裕があると安心です。

車を載せる場合は、車検証も必要です。

こちらは、苫小牧フェリーターミナルのお土産ショップ。

白い恋人はもちろん、六花亭もジャガポックルもありました。買い忘れたお土産を買うこともできますね。

ちなみに、フェリー船内の売店でもお土産を買うことができます。

トマチョップの顔ぬきカンバンも要チェック。

白い恋人ソフトクリームも発見!

車を載せる場合、ドライバーと同乗者は別に乗船します。

同乗者は徒歩にて乗船。今回は、フェリー出航の1時間45分前には乗船できました。

我が家は、母(わたし)と子どもはいつも徒歩で乗船しています。

荷物を持ち、子どもの手を引き、途中に段差があることもあり、子連れフェリーでの最大の難関です。

太平洋フェリー「きたかみ」の船内紹介

ラウンジはきれいで快適です。

水やお茶は給水機で自由に飲むことができます。

おしぼりやお湯も使えます。

自動販売機は、アルコールを含む飲料だけでなく、カップラーメンやたこ焼きなどのアツアツの食べ物ができる自販機に、さらにはパンの自動販売機までありました。

レストランや軽食やバーコーナーもあります。

レストランは夕食も朝食もバイキング形式で幼児は無料でした。

写真にはありませんが、フェリーのお風呂も気持ちがいいです。海を眺め、ゆったりとした気持ちで入るお風呂。さ・い・こ・う!!

こちらは、売店。

お土産から、お菓子に食べ物、トラベルグッツに酔い止めまで揃っています。

太平洋フェリーでは、「いしかり」がきれいで新しい!

太平洋フェリーには、ほかには「いしかり」と「きそ」があります。

船はローテーションで運航しており、日程により同じ航路でもどの船にあたるかはわかりません。ショウは全部乗ったことがあります。

完全に運です!

それほどの違いはありませんが、太平洋フェリーでは、「いしかり」が新しくきれいです。「いしかり」はフェリー オブ ザ なんちゃらに毎年選ばれてるフェリーですからね。

しかし、お値段も少々高いという…。

今回のしょうラヂオ。

今回はまさにいま乗船しているフェリー、「きたかみ」の紹介をしました。

フェリーのゆったりとした旅時間、大好きです。

子どもたちはさっそくフェリ友をつくって遊んでます。

今夜はひたすら小説を読んで、活字の海原を航海します。

今回の旅がどんなものになるか、春の訪れとともにわくわくしつつ…、太平洋からしょうがお届けしました。

あわせて読みたい
▽子連れフェリーのすすめ

「子連れフェリーのおすすめ」ツイートがなんと4000RT超え!コメント・感想・エピソードを紹介!

フェリーのススメ!子連れ旅にフェリーをすすめる7つの理由はこれです!

▽フェリーの紹介

太平洋フェリー「いしかり」のレストラン・客室、キッズルームを紹介!フェリー・オブ・ザ・イヤー26年連続受賞!

太平洋フェリー「きそ」の施設・レストラン、売店の紹介!クルーズ船並みのシアターも

太平洋フェリー「きたかみ」船内の設備をたっぷり紹介!苫小牧フェリーターミナルも

子連れフェリー旅のススメ。苫小牧‐八戸航路のおしゃれフェリー、シルバープリンセスフェリーの紹介!

▽フェリー旅レポート

北海道旅行!母子4人で1700キロ てっぺんと離島を目指す旅 その7 旅の終わり・また会う日まで!

北海道旅行!母子4人で1700キロ てっぺんと離島を目指す旅 その1

朝から晩までフェリーで過ごす1日 〜九州・四国子連れキャンプ 2週間の旅 2日目 〜

九州・四国 2週間子連れキャンプ旅 1日目#02-フェリーな夜の過ごし方

▽フェリーターミナルの紹介

苫小牧西港フェリーターミナルの紹介!東港との違いとポートミュージアムなども!

▽フェリーの予約から乗船方法まで

長距離フェリー・カーフェリーの予約から乗船手続き・乗船まで。車の有無で違いもあり

すべてのフェリーの記事はこちらからどうぞ▽