新日本海フェリー新造船「あざれあ」を紹介!露天風呂にスポーツルームまで?


フェリー
スポンサーリンク

フェリーの旅、好きですか?
わたしは年に何回も長距離フェリーで移動しています。フェリーが大好き!子連れだとフェリーでの移動は本当に快適です!

今回は、新日本海フェリーに2017年に登場した新造船フェリーあざれあ(らべんだあ)をご紹介。

今までの新日本海フェリーとの違いなども含めて、写真たっぷりで紹介します。

しょうの代理 ルルン
フェリーに乗る予定がない方も、ぜひフェリー旅気分で見て頂けるとうれしいです。

新日本海フェリー「あざれあ(らべんだあ)」の特徴や今までのフェリーとの違いは?

紹介するのは、新日本海フェリーに2017年に新登場したフェリー「あざれあ」。
姉妹船で同じタイプの船「らべんだあ」があります。

2017年3月に新造船「らべんだあ」が就航、2017年6月に新造船姉妹船「あざれあ」が就航しました。

新造船フェリー「あざれあ/らべんだあ」の主な特徴は以下のとおり。

新造船フェリー「あざれあ/らべんだあ」の主な特徴

  • 露天風呂やサウナがある
  • スポーツルームあり…ランニングマシーンなど
  • Free Wi-Fi がある!…今までの新日本海フェリーにはなし!(太平洋フェリーは有料であり)
  • ペットと同伴できるウィズペットルームがある
  • エコノミータイプの大部屋がない(ざこ寝部屋がない)・・・プライベート空間が確保された寝台に!
  • テラス付きの個室が大幅増
  • 和洋室などファミリー向けの個室が増えた
  • テレビ付きの一人部屋あり
  • プロムナードがない…海を眺めながらテーブルやソファでくつろげる席がとても少ない!!
  • 給湯室も少ない・・・屋外かロビーに設置されたポットのみ
  • 高速船によりスピードアップ…新潟~小樽航路で45分短縮(16時間45分から16時間へ)

さすがに新造船フェリー。フェリーの豪華さや設備の快適さはさらに増しています。

そして、エコノミータイプの大部屋がないのにも驚きですね。
すべてプライベートが確保されている寝台になっています。

旅情があり、旅人との会話を楽しむのもフェリーの楽しみの一つでしたが、大部屋なし、プロムナード(テーブルやソファや椅子がある自由スペース)がなくなり、共有空間が少ない。

時代の流れとともにフェリーへのニーズも移り変わったんでしょうね。
個室が多くなり、個人や仲間での時間を楽しむことを前提としたつくり。

今までの感覚でフェリーに乗船した我が家は、カップラーメンを作るお湯を探し、のんびりとくつろげるスペースを探し、少々うろたえました。フェリー歴が長い我が家は(夫は特に!)少しもの寂しい気持ちさえ…。

スポンサーリンク

新造船フェリー「あざれあ(らべんだあ)」の船内の紹介

乗船したのは、小樽から新潟の南行き航路。この航路、なんと時間がとてもいいんですよ。小樽発が夕方の17時で、新潟に朝の9時着

フェリーで一晩寝ているうちに目的地に到着してしまうというパターンです。(わたしはもっとフェリー生活を楽しみたいタイプですが…)

小樽フェリーターミナルからいざ乗船。

やはり新しい船、いつものフェリーより外観も真っ白でピカピカに見えます。

開放感ある吹き抜けのエントランス。

エントランスが吹き抜けの空間になっているのは他のフェリーと同じですね。

新日本海フェリーのお楽しみのビンゴ大会はここで開催されました。

▽案内所。

貴重品を預けたり、係の人に何か聞きたいときはここで。

▽案内所の端に置かれたポット。


給湯室が近くになく、みなこのお湯を使ってカップラーメンを食べていました。

エントランスの脇にあるベンチスペース。

ベンチスペースは上の階にもありますが、以前のタイプのフェリーに比べると格段に少ないです。

▽船内のマップ

エントランスがある階が4階(4デッキ)、レストランや売店があるのが5階(5デッキ)、大浴場やスポーツルームがあるのが、6階です。

▽エントランスの上の階、5階にあるカフェ。

食事は、カフェとレストランがあります。売店でもカップラーメンやパンが販売されていますよ。

▽カフェのメニュー。

ピザやカレーライス、うどんやそば、ライスバーガーなどの食事メニューに、ソフトクリームなどもありますね。

▽こちらはレストランのメニュー。

バイキング形式ではないく、好きなものを選ぶセルフ形式のレストラン。

▽レストランの外観。

今回フェリーに乗船したときは、実は暴風雪警報が出ていて。
直前のフェリーはすべて欠航。海は大しけの中の航海でした。いつもはそんなに揺れませんが、冬の日本海はたまに覚悟が必要です。

それはそれは、ものすごく揺れましたよ…。レストランの利用者はほぼいなかったのでは。

▽スポーツルーム。

ランニングマシーンなどが置いてあり、自由に使えるようになっていました。

▽ こちらは、キッズルーム。

▽売店

売店にはお土産のお菓子や加工食品等だけでなく、タオルや歯ブラシなど身の回りのものも販売されています。酔い止めの薬もここで。(売店が営業時間外のときは案内所で)

おみやげは、フェリーオリジナル商品だけでなく、寄港する場所のお土産がそろっています。北海道土産と新潟のお土産両方を買うことができますよ。買い忘れがあったときにも便利ですね。

▽サービス時間の案内の看板

フェリー内には、カフェやレストラン、売店がありますが、運行中ずっと空いているわけではありません。営業時間が区切られているので、利用したい場合は改めて確認しておくと安心ですよ。また、船が揺れているときは、お風呂やレストランは閉まることが多いです。

ゲームルームに

アミューズボックス(カラオケボックス)なども。

▽暖かく晴れた日は甲板に出ても気持ちが良さそう!

この日は揺れが激しいので甲板は閉鎖されていました。

船内あちらこちらにゴミ箱が設置されています。

▽そして、今回我が家が利用した部屋。

タイプは、ツーリストC。そうです、一番お手頃価格のタイプですね。

カプセルホテルのような感じでしょうか。カーテンでプライベートが守られた空間になっています。毛布、枕、シーツはついていましたよ。電源や荷物棚、ライトもありました。

わたしにとっては、快適なノマドスペースでした。

新造船フェリーはついに待望のFREEWi-Fiがついています。利用制限などがありますが、とてもうれしい!

▽こちらは、車両甲板。

乗船するときは、ドライバーのみで、同乗者は徒歩で乗船する必要がありますが、下船のときは同乗者も一緒に車で降りることができます。(※新日本海フェリーの場合)

長距離フェリー・カーフェリーの予約から乗船手続き・乗船まで。車の有無で違いもあり

2017.03.24

車両甲板はフェリーが出港すると行くことができないので、車の中に忘れ物をしないように注意が必要です。

今回のしょうラヂオ。

新造船「あざれあ」を写真多めで紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

利用して感じたのは、デッキ付きの個室に宿泊して良さがわかるフェリーかなぁと。
楽しみにしていた露天風呂も天気が悪くて、残念ながら閉まっていました。(そして、大浴場も悪天候のためすぐに閉まりました)

天気が良くないときは、外海に出る前に入浴してしまうのがおすすめですよ。(お風呂が閉鎖されてしまうので)

次回は、ぜひデッキ付きの個室で優雅な船旅を堪能したいと思いつつ。

じつは、狭い空間もキャンプのようで子どももわたしも楽しかったので、やはりおなじエコノミータイプの部屋かも…。(どうせなら、旅先で美味しいものを食べるなど他のところにお金を使いたいタイプ!)

冬の日本海は荒れることもありますが、今まで20回以上(もっとかも)乗船していて、ものすごく揺れたのは今回を含め2回だけ。

しょうの代理 ルルン
快適なフェリー旅の参考になれば嬉しいです!
イチオシ記事・割引クーポンの情報

◆コスパ最強の子どもの英語 →チャレンジイングリッシュ 兄弟でのお得な利用方法はこれ!一人分の料金でシェア!

◆スマホにたまった写真どうしてる?→フォットブックが毎月1冊無料!
◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK

スポンサーリンク

twitterでしょうをフォローする