【上海旅行5日目】上海ディズニーランドを満喫した1日!【しょうラヂ旅日記】


上海
しょう
こんにちは。 子連れお出かけブロガーのしょう(@syoradio1)です。

上海の旅も5日目。今日は旅のハイライトの一つ。楽しみにしていた上海ディズニーランドへ行きます。

上海ディズニーランドは2016年にオープンした新しいディズニーランド。最新技術が使われているアトラクションが予想以上にすごくて!親子で大興奮してきました。

上海ディズニーランドのチケットの購入方法

▽上海ディズニーランドの割引チケットの購入方法をまとめた記事はこちら。当日OK、日本語対応でサクッと購入できますよ

上海ディズニーランド【最大18%OFF】チケットの料金・購入方法や割引はこれ!入園の方法も

2019.04.23

▽上海の旅日記シリーズはこちらから

 

上海ディズニーランドへ

計画をほとんど立てていなかった旅ですが、今朝はちゃんと6人乗りワゴンのハイヤーを予約していました(自分が予約したように書きましたが、実際には夫が現地で交渉し予約してくれました)。そう夢の国に向かうためです。朝7時半に宿の前まできてもらい、車で上海ディズニーランドへ向かいます。

上海市街地から上海ディズニーランドまでは車で1時間弱。オープン時間の8時半ぐらいに現地に到着し、入園できたのは9時前ぐらいでした。

チケットは出発前に入手済みです。入園に必要なものはチケットのバウチャーとパスポート。パスポートチェックだけでなく入園のときに一人ずつ写真まで撮られました。

公式アプリでファストパスをゲット!発券終了でもファストパスが買える!

 

入園してすぐにしなければいけないのはファストパスのチケットをゲットすること。日本のディズニーランドと違い、アトラクションのファストパス発券機までダッシュする必要はありません。

公式アプリと手元のチケットをリンクさせれば、ファストパスもアプリからゲットできます!

この情報は手持ちのガイドブックにも載っていませんでした。(ガイドブックには「日本とは違い全員がファストパス発券機に並ばなければいけない…」という古い情報の記載でした)

ファストパスもアプリから取得できることを知らなかったら、かなり辛い事態になっていたでしょう。前日に調べまくっていてよかったです。

入園してすぐにチケットをリンクして一番人気のアトラクション「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」のファストパスを取ろうとするもすでに販売終了。早い!

しかし、上海ディズニーランドではファストパスを買うこともできます。買ったファストパスは時間指定なしに1日の好きな時間に乗ることができます。(買えるファストパスも数に制限があり)

一人800円ほどの追加料金を払い、一番人気のアトラクション「ソアリン」のファストパスをゲット。同時に、ピーターパンのファストパスもゲットしました。

※上海ディズニーランドのお得なチケットの買い方や公式アプリの使い方、おすすめのアトラクションの回り方などは後ほど別の記事で紹介予定です

上海ディズニーランドで楽しんだアトラクションとショー、パレード

上海ディズニーランドはとても広く感じました。

入園してすぐに見つけたのは、ダンボに乗って楽しんでいるミッキー。

ダンボから降りてきたミッキーが近くに!わわわっ。最初から「ミッキー!」と叫んでしまいました。

ピータパンの空の旅!

最初に乗ったアトラクションは、ファストパスでゲットした「ピータパンの空の旅」。ピーターパンのアトラクションもファストパスがあるんですね。上海ディズニーランドのピーターパンは、プロジェクションマッピングなどの最新技術が使われていました。ワクワクします。空を飛んでいるような乗り物もよかったです。

 

アナと雪の女王のショー

こちらは、アナと雪の女王のステージ。ステージと観客席が一体となった舞台装置に驚き。

大きくてきれいな会場で上演されるステージ。一緒に歌おうというコンセプトのミュージカル形式のショーです。もちろん言語は中国語。

テーマ曲の「ありの〜ままの〜♪」の部分が、中国語で「スイカバー、スイカバー」に聞こえる…。うちの子たちも「スイカバー」と歌っていて、周りのお客さんと馴染みそれらしく聞こえてました。

 

プーさんの冒険

次のアトラクションは2回目のファストパスでとった「プーさんの冒険」。

 

東京ディズニーランドにもありますが、やはり違うんですね!ティガーが出てくるシーンでは乗り物がピョンピョンと揺れたり、家族みな楽しめるアトラクションでした。

上海ディズニーランドで絶対に乗りたいアトラクション「カリブの海賊」

次は、30分ぐらい並んで乗ったカリブの海賊。

カリブの海賊が間違いなく上海ディズニーで、ナンバーワンのアトラクション。上海ディズニーランドに来るなら絶対に外せないアトラクションです。もう一回乗りたい!!迫力ある映像に感動。本当にすごかった。

本格的なアスレチック「キャンプ・ディスカバリー」

他には、本格的なアスレチック「キャンプ・ディスカバリー」に子どもたちと夫が挑戦。下の娘(小1)が身長制限ギリギリ。

命綱一本で断崖絶壁の道を進んでいきます。思ったよりとてもスリル満点なアスレチックで、子ども3人連れでいろいろピンチな場面があったようです。

ジャック・スパロウ船長のショー

命綱一本の子ども3人を夫にたくし、私と父は「ジャック・スパロウ船長」が主役のショーを楽しみます。ショーの前座が長く、もちろんすべて中国語なので何を言っているかまったくわかりません。まわりのお客さんたちはノリノリで大爆笑していましたが。

しかし、前座が終わり舞台がある観客席に移動してからが面白かったです。

大砲に竜巻、ストームの演出。煙に覆われて目の前が何も見えなくなって、突然の舞台変換。あっと驚くような仕掛けが多く、言葉がわからなくても楽しむことができました。

パレード キャラクターが徒歩で来る!場所取りをしている人がいない?

続いては、楽しみにしていたパレード。

張り切って場所を取ろうとしますが、開始時間10分前になっても誰も場所取りをしません。我が家はレジャーシート持参でしたが、レジャーシートを敷いているのはうちだけでした。パレード5分前ぐらいに道沿いにやっと人が集まり、直前にあっという間に2重3重の列ができ、最前列の人はそのまま地べたに座っています。

レジャーシートを敷いて場所取りするような文化はないんですね。30分前から場所取り…と張り切っていたので拍子抜けでした。レジャーシートを敷いて座っていた我が家は目立っていたようでいろいろな人にジロジロと見られました。

パレードの始まり。キャラクターたちがなんと歩いてくるではありませんか!!

最前列だったのでいろいろなキャラクターとタッチもできました。(張り切りすぎただけありました、最前列最高!)

 

ダッフィーアンドフレンズもいました!感激!!ここで会えるとは思ってなかったです。大好きなジェラトーニも。(最後にジェラトーニのぬいぐるみも買いました。まさか上海ディズニーランドでジェラトーニのぬいぐるみを買うなんて…)

 

こちらは、中国が舞台のムーラン。中国らしさがでていて華やかでした。

 

人気No.1アトラクション「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」

ショーを楽しみ最後に乗ったアトラクションは、お金をだしてファストパスを買った「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」。開園後30分もしないうちにファストパスの発券が終了した一番人気のアトラクションです。ファストパスなしの列は、2時間以上でしたよ。

ふふっ、我が家はお金で解決したので(泣く泣くファストパスを購入したので…)列に並ぶことなくアトラクションへ。

ハングライダーのような乗り物に乗り上空から世界各地の名所をまわるアトラクション。最新の映像技術が素晴らしくまるでその場を訪れたような疑似体験ができます。風を感じ、水を感じ、リゾート地ではいい香りがして。ピラミッドに万里の長城、マッターホルン、全部行ったぞ!

わたしは乗り物から落ちて山から滑落するのでは…というぐらいのスリルを一人味わっていました。手には汗をかいて心臓もバクバク。そのぐらいリアルな映像でした。

 

日が暮れてきました。ライトアップされたシンデレラ城もきれいです。

 

ショッピングを楽しんで宿に帰る

最後にショッピングを楽しみました。ダッフィーアンドフレンズのお店もありましたよ。(しかも空いている!)

上海ディズニーランドのオリジナルアイテムなども選んで。

 

あぁ、夢の国は上海でも夢の国でした。なんて楽しく幸せな1日。世界中のディズニーランドに行きたいという夢がまた一つ増えました。これは絶対に叶えたい!夢って言葉にしたり宣言すると叶うものですよね。今までもそうでした。だからわたしはやりたいこと叶えたいことは何でも言ってしまうタイプなのです。

宿に戻ってディズニーランドの疲れで全員「超・思考停止」状態。遅めの晩御飯は、前日と同じ火鍋のお店に行ったのはここだけの話。

今日も楽しい1日でした。明日は上海から再びワンデートリップ。杭州を目指します。

 

あわせて読みたい

▽上海ディズニーランドの割引チケットの購入方法をまとめた記事はこちら。当日OK、日本語対応でサクッと購入できますよ

上海ディズニーランド【最大18%OFF】チケットの料金・購入方法や割引はこれ!入園の方法も

2019.04.23

※上海ディズニーランドのファストパスのゲット方法、公式アプリの使い方、おすすめのアトラクションの回り方などは後ほど別の記事で紹介予定です

▽上海の旅日記シリーズはこちら


この記事も読まれています!