【小学生におすすめ】人気のシリーズの本(児童書)15選!面白い・夢中になる・思考力を育む・親子で楽しめる本も!

2021年のキャンプ・旅・登山まとめ!訪れてよかった場所ベスト10を発表|旅ブロガー

しょう

旅ブロガーのしょう(@syoradio1)です!2021年もなかなかお出かけしづらい状況でしたが…。登山やキャンプや旅など、訪れてよかった場所ベスト10を発表します!

国内旅行とキャンプ・登山を中心に楽しんだ1年!ベスト10を紹介

「旅ブロガー」と名乗っているからには、やはりまとめておきたい!今年(2021年)に訪れてよかった場所ベスト10を紹介します。

2021年も、昨年に引き続きなかなかお出かけがしづらいご時世で。状況が大丈夫なときに、キャンプや登山などを楽しんだ1年でした。思い返すと、ちょうどコロナ禍前に家族で10日間のドイツ旅行上海7日間の旅などの海外旅行へでかけていた日々が懐かしいです!

来年こそは海外の旅を楽しみたいと願いつつ。2021年に訪れてよかった場所ベスト10をまとめてみました。

さっそく、10位から1位まで順番に紹介していきますね!

10位 「石切山脈」茨城県笠間市 日本最大の採石場のツアー

2021年に訪れてよかったスポットの第10位は茨城県笠間市にある石切山脈

地図にない湖としても有名!美しい景色がが見られます

日本最大の採石場。プレミアムツアーでは、ヘルメットをかぶり、車に乗り込み、オフロードの道をすすみます。まるで異国のような採石場の風景を間近に見学することができ、とにかくすごい!

▽詳しくはこちらの記事で紹介しています

笠間といえば、笠間稲荷神社にも初めて訪れました。

さらに、今年は「道の駅かさま」ができたことも話題になりましたね。朝早くから並び、話題のモンブラン「楽栗filo(フィーロ)」を食べてきたのもいい思い出です。

9位 福島県会津地方の旅!

実はわたしは福島県の会津若松市育ち。鶴ヶ城の近に住んでいてお城が遊び場だったので、今でもお城が大好きです!

幼稚園から中学2年生まで育った会津若松市がふるさとのように感じ、大好きな場所の1つ。久しぶりに福島県の会津地方を訪れてあちこち巡ってきました。

鶴ヶ城を歩き、味噌田楽で有名な満田屋で腹ごしらえ。

満田屋の味噌田楽が大好き!

白虎隊が自害した飯盛山に安積疏水、さざえ堂にも訪れました。

有名店で会津名物のソースカツ丼を食べて、東山温泉に泊まって。

東山温泉

猪苗代湖では、アクアマリンカワセミ水族館に立ち寄り、塔のへつりや大内宿、須賀川の須賀川特撮アーカイブセンターなど。

会津地方は馴染みの場所なのに何度も訪れてしまうほど大好きで。ふるさとならではの感覚なんでしょうね!

8位 那須の旅

8位は家族で泊まりで訪れた那須の旅。モンゴリアビレッジテンゲルのゲルに宿泊しました!

日帰りでもよく那須に訪れていますが、栃木県民限定の一家族一旅行のキャンペーンを利用し、お得に那須を旅してきました。美味しいランチに、レジャー体験、そして宿。晩秋の那須の美しさをじっくりと感じるような旅でした。

7位 那須岳 登頂

7位は那須岳への子連れ登山

登山と言っても、那須ロープウェイを利用してお手軽な山登りです。山頂がちょうど紅葉し始めた時期。美しい景色に終始うっとりとするような登山でした。子どもと一緒に登れたのも良かったです。

▽詳しくはこちらの記事で紹介しています

6位 奥日光の戦場ヶ原ハイキング

6位は奥日光の戦場ヶ原ハイキング。

夏に発令されていた緊急事態宣言があけて、初の週末(10月上旬)に訪れました。ずっと引きこもり生活だったので、「やっと出かけられる!」とウキウキで出発した気持ちを鮮やかに覚えています。

朝霧が立ち込める戦場ヶ原、草紅葉とともに美しかったです!

宣言明けの初の週末ということで家族でテレビのインタビューも受けました。バッチリと全国ニュースで放送されたのもいい思い出です(笑)

5位 筑波山 登頂

5位は子どもたちと登った筑波山。わたしが住んでいる栃木県小山市からものぞむことができる筑波山は、標高877メートルとは思えないほど、高く感じます。平地が続く関東平野にそびえ立っているのでより高く見えるんでしょうね。日本百名山の1つ野山です。

いつも見える筑波山に登頂できたのは嬉しい!!

4位 霞ヶ浦サイクリング&星野リゾート BEB5 土浦

第4位は家族で訪れた霞ヶ浦サイクリング。日帰りでも訪れることができる場所ですが、星野リゾートのリーズナブルな宿「BEB5 土浦」に宿泊して楽しみました!

一面の青空が広がる中での霞ヶ浦サイクリングはただただ気持ちがよかったです。

3位 伊豆キャンプ旅 青の洞窟なども!

第3位は、春休みに訪れた伊豆のキャンプ旅。普段はなかなか足を伸ばせない西伊豆を中心に巡りました。キャンプ場は、南伊豆夕日ヶ丘キャンプ場

今日も今日とて、焚き火。

西伊豆町にある三四郎島は、国内でも珍しいトンボロ現象がみられる島。

ゆるキャンにも登場しています。

堂ヶ島天窓堂のクルーズでは、自然にできた天窓から差し込む光がキラキラと水面に反射し、青の洞窟のようにエメラルドがかかったブルーの色はとても美しくて。

まだまだ出会っていない景色がたくさんあります。

2位 能登半島キャンプ旅

2位はGWに訪れた能登半島のキャンプ旅。

ずっと訪れたかった金沢21世紀美術館や近江町市場などの金沢の街歩きを堪能。さらに、輪島の朝一を楽しみ、白米千枚田は圧巻の景色。

富山県では、富山ブラックをいただき、氷見市で藤子不二雄ミュージアムにも訪れました。

キャンプ&旅、我が家の最高のパターンです!

1位 富士山 登頂!!

堂々の1位は家族で登った富士山。無事に登頂!

いつか登ってみたいと思っていた富士山ですが、今年念願叶いました。

9合目の山小屋に1泊して、早朝にご来光を拝んで山頂まで。緊急事態宣言が出る前の7月に登ったので、タイミングも良かったです。

登りもくだりも辛かったですが、子ども3人みな一緒に、家族で登頂できたときは感動しました。

さいごに!旅とキャンプと山登りと

今年一年を振り返りながら、ベスト10を紹介しました。

ご時世的なこともあり、キャンプや登山を中心に楽しんだ1年でした。近場を改めてじっくりと巡る機会も多く、新しい発見があり良かったです。

計画が立てづらく「行けるタイミングで、すかさず出かける!」というパターンも多かったですね。

次の一年こそは、少しでも、行きたいときに行きたい場所に訪れることができる世の中になりますように!(そろそろ海外への旅もしたい!)

▼PICK UP ▼