小樽の観光地!天狗山の山頂は子連れでも楽しめる!天狗山スライダーに遊び場もあり

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

小樽の街並みととともに、石狩湾や積丹半島まで望むことができる天狗山の山頂。

山頂では、ロープウェイか車で訪れることができ、入園無料のシマリス園で可愛いシマリスに餌をあげることもできます。今回は、その天狗山山頂をご紹介。

天狗山の山頂には、ロープウェイ乗り場や展望台、シマリス園だけでなく、ボブスレーのような乗り物を楽しめる天狗山スライダーなどの乗り物や、天狗の館や天狗神社などの見どころもありますよ。

 

スポンサーリンク

天狗山山頂には楽しい施設がたくさん!天狗山スライダーに天狗の館など

紹介するのは、北海道の小樽市にある天狗山の山頂。天狗山の山頂には駐車場もあるので、ロープウェイだけでなく車で訪れることができますよ。

冬の季節は、スキー場として営業していますが、雪のない季節は絶景とともに、楽しめる施設もあります。

  • ロープウェイの営業期間(夏季営業期間):4月中旬~11月上旬まで

天狗山の山頂にある主な施設は以下のとおり

天狗山山頂の主な施設

  • ロープウェイ乗り場の建物…レストラン、おみやげショップあり
  • 天狗の館…入館無料
  • 小樽スキー資料館…入館無料
  • 鼻なで天狗さん
  • 天狗山神社
  • 天狗山スライダー…ボブスレーのような乗り物、有料
  • 自然体感フィールド(天狗広場)…有料のアスレチックのような遊び場
案内人 ウサキ
景色が楽しめるだけでなく、意外といろいろな施設があるんだな!
しょうの代理 ルルン
さっそく、写真多めで紹介していきますね!
スポンサーリンク

天狗山山頂のロープウェイ乗り場、レストランやおみやげショップも

まずは、天狗山山頂にある建物。ロープウェイ乗り場の紹介です。訪れたときも、たくさんの観光客で賑わっていましたよ。

建物から一歩足を踏み出すと目の前に広がるのは小樽の街並みと海!

ちょうどロープウェイもやってきました。絶景です!

ロープウェイの建物内には、おみやげショップやレストラン、スキー資料館に天狗の館があります。スキー資料館や天狗の館の観覧料は無料なので、気軽に見学することができますね。

ロープウェイ乗り場の建物は一面が大きな窓ガラスになっており、建物の中からも素晴らしい景色が望めますよ。

訪れた日は雲一つない青い空が広がり、積丹半島の方までくっきりときれいに見渡すことができました。

おみやげショップではここでしか買えないオリジナルのお菓子や天狗にちなんだグッツ、天狗山ロープウエイのミニチュアなど子どもも喜びそうなものまでありましたよ。

▽天狗山にちなんだお菓子がずらりと並んでいます

▽天狗にちなんなグッツもありますね

これは子どもも喜びそう!小樽天狗山ロープウェイのミニチュアも発見!

レストランも入っています。

レストランからの景色も見事!ここでのんびりとコーヒーなど頂いたら最高でしょうね。

レストランのメニューはジンギスカン定食や天狗山カレー、天狗ライスなど、天狗山や北海道にちなんだメニューが並んでいました。
それなりのお値段だったので、我が家はここではランチをとらず、天狗山を降りてから、小樽駅から徒歩5分の場所にあるラーメン屋さん(龍仁)へ訪れました。

続いては、入館無料小樽スキー資料館と天狗の館へ。同じ建物内の1階にあります。

こちらは、スキー資料館の展示。

 

そして、お待ちかねの天狗の館!

一言に天狗と言えど、姿かたちは様々。

地方によっても特色があるようですね。

じっくり見ると大人でもなかなかの迫力。その数は約700点ほど。ものすごい威圧を感じます。怖い!予想通り、下の娘はかなり怖がっていました。

案内人 ウサキ
そもそも天狗ってなんだんだ?
しょうの代理 ルルン
天狗とは、神とも妖怪ともいわれる伝説上の生き物。
一般的には、山伏の服装で赤ら顔。翼もあり、鼻が高いのが特徴です。
案内人 ウサキ
神とも妖怪ともいわれる生き物か…。

鼻なで天狗さんと天狗山神社

建物の外に出ると正面にあるのは、鼻なで天狗さんと天狗山神社。

鼻なで天狗さんは鼻をなでるとご利益があるというもの。
天狗には魔力があり、長い鼻にふれることで「魔除け」や「願い事が叶う」という伝説があります。

もちろん、わたしもたくさん天狗の鼻をなでてきました。

こちらは天狗山神社。

天狗の由来である「猿田彦大神」が祀られています。

伊勢神宮神域の猿田彦神社からご分霊を賜わった天狗山神社。
「交通安全、商売繁盛、学業成就」にご利益があるといわれていますよ。

子どもも大人も楽しい!天狗山スライダー

そして、何やら楽しそうな乗り物を発見!その名も「天狗山スライダー」。このタイプの乗り物は他の場所では見たことがありません。

「ドイツからやってきた 風と遊ぶ草原のボブスレー」というキャッチフレーズ。何やらすごそうですね。

有料の乗り物です。天狗山スライダーの料金は以下のとおり。

天狗山スライダー1回の料金

  • 大人:400円
  • 子ども(8歳~12歳まで):300円
    ※7歳以下の子どもは大人と同乗で無料
    ※7歳以下の子どもの一人乗車・子供の2人乗車は不可

7歳以下は大人と一緒に乗れて、子供の料金は無料なのが小さな子連れにはうれしいですね。

▽ヘルメットを装着して、このような体制でボブスレーのようなソリに乗ります。

簡単なブレーキ操作だけ練習して、いざ出発!

▽上り道はゆっくりのんびりと自動で上がっていきます。そりに乗ったまま自動で上がるので楽ちん。

風が心地よく、のんびりとした景色に気持ちもゆったり。

▽一番てっぺんまでくると、あとは重力に任せるのみ!風をきって進め!

自分でブレーキ操作をしながら滑っていきます。

▽途中に見える景色も絶景!

下まで滑り降りて子どもたちも大興奮!全長約400メートルのコースです。これは天気が良い日は気持ちが良くて楽しい!

▽天狗山スライダーの隣には、「自然体感フィールド」という有料の遊び場もありました。

入場料は500円。スラックラインやトランポリン、ちょっとしたアスレチックがある広場です。

▽「自然体感フィールド」

天狗山山頂のアクセスや営業時間などの詳細情報

天狗山山頂のアクセスや営業時間などの詳細情報です。

「天狗山山頂」の詳細情報
  • 住所:北海道小樽市最上2丁目16-15 小樽天狗山ロープウェイ 山頂
  • 電話:0134-33-7381
  • 駐車場あり(駐車料金も無料)
  • 山頂までロープウェイの利用する場合…大人往復1140円
  • アクセス:新千歳空港から高速道路(新千歳IC—小樽IC)で約1時間25分。
  • 営業時間(ロープウェイ運行期間):4月上旬~7月下旬 9時30分~21時
  • 7月下旬~8月中旬…9時~21時
  • 8月中旬~11月上旬…9時30分~21時
  • 公式サイトはこちら

▽天狗山山頂にある入園無料のシマリス園の紹介記事はこちら

小樽天狗山「シマリス公園」は入園無料!可愛いリスにエサをあげよう

2017.09.14
しょうの代理 ルルン
お出かけの参考になれば嬉しいです!
おすすめ記事・割引クーポンの情報

◆スマホにたまった写真どうしてる?→フォットブックが毎月1冊無料!
◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
twitterでしょうをフォローする