小樽駅近く!子連れでもおすすめなラーメン屋「龍仁」を紹介!ご当地グルメあんかけ焼きそばも!

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

まだデータがありません。


今回紹介するのは、小樽にあるラーメン屋さん。

天狗山頂で入園無料のリス園を楽しみ、天狗山スライダーなども満喫したあとに訪れたお店です。

神社の敷地内にあるラーメン屋さんで、石蔵が改装されて店舗になっています。建築ファンにもおすすめな建物ですよ。

案内人 ウサキ
テーブル席もあり子連れでも行きやすいお店だったぞ!
しょうの代理 ルルン
小樽のご当地グルメ「あんかけ焼きそば」を食べることもできますよ!

スポンサーリンク

小樽のラーメン屋「龍仁(たつじん)」へ 子連れでもOK!

訪れたのは、小樽にあるラーメン屋さん「龍仁(たつじん)」。場所は、龍宮神社の隣で、小樽駅からも徒歩5分ほどの距離にあります。

観光ついでに訪れやすい場所にありますね。駐車場もお店の前に数台分ありましたよ。

蔵を改装して店舗になっているラーメン屋さん。

蔵の後ろに見える建物は、竜宮神社のお社の屋根の部分。なかなか迫力があります。

お店ののれんをくぐる瞬間…、期待が高まります!

席は2階にあります。ベビーカーの場合は、畳んで移動する必要がありますね。

外見は蔵ですが、中身はちゃんとした店舗になっていました。2階ある座席は、テーブル席が6つぐらい。

座席はゆったりしていて、子ども3人連れの子連れで訪れても安心でした。

こちらはメニューの一部。

主なメニュー

  • みそらーめん…750円
  • しおらーめん…730円
  • しょうゆらーめん…730円
  • 濃厚鶏白湯らーめん…780円
  • 麺大盛り…100円増、大盛り×2…200円増
  • ライス…160円、チャーハン…680円
  • あんかけ焼きそば…900円

大盛りにもできるので、とりわけしやすいのは子連れには嬉しいですよね。ライスやチャーハンもありましたよ。

気になるメニューは「あんかけ焼きそば」。

後から知ったのですが、あんかけ焼きそばは小樽のご当地グルメ。
小樽あんかけ焼きそばとは、小樽市内または近隣の飲食店にて提供されているいわゆる「五目あんかけ焼そば」のこと。
小樽あんかけ焼そばには、約70年の歴史の中があり、独自の進化を遂げてきたのでいわゆる明確な定義がないそうです。

つまり、提供してるお店ごとにそのお店ならではの味を楽しむことができる小樽のソウルフードなんですね。

濃厚鶏白湯らーめんも気になりましたが、わたしはせっかくなので小樽のご当地グルメ「あんかけ焼きそば」を注文!

ものすごいボリューム!

具材も魚介類にお野菜にたっぷりでなんてぜいたくなあんかけ焼きそばなんでしょう!

お皿にはたっぷりの紅しょうがとたっぷりのからしが添えられていましたよ。(カラシ抜きで注文することもできます)。

具材のぜいたくさ、とろみがついたあんは見た目ほど濃すぎず最後まで食べ切れる美味しさ。途中でカラシを絡めて頂くと味がぴりっとしまり、違った味わいに!

うむむ!あんかけ焼きそばの可能性に気がついてしまった。美味しかったです。

子どもたちはラーメンやチャーハンを注文。

こちらからお願いすることもなく、子供用のとりわけの皿などを渡していただきました。子連れには、ありがたい気遣いです。

しょうゆらーめん。

麺は2種類から選べましたよ。熟成麺か新生麺。

熟成麺は、熟成させたコシが強い硬質麺。新生麺は、小麦の風味が感じられるまろやかな麺。

子どもが食べるしょうゆらーめんは、まろやかな新生麺、しおラーメンには熟成麺を選びました。好みで麺を選んだり、食べ比べたりすることもできますね。

子どもも大好きなチャーハン。

しょう
ごちそうさまでした!

小樽駅からも徒歩5分と近いので、小樽観光でのランチにもおすすめ。

ゆったりとしたテーブル席があるので子連れでも訪れやすいラーメン屋さんでした。

スポンサーリンク

「麺処 龍仁」のアクセスや営業時間などの詳細情報

麺処 龍仁のアクセスや営業時間などの詳細情報です。

「麺処 龍仁」の詳細情報

関連ランキング:ラーメン | 小樽駅

おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
twitterでしょうをフォローする