北海道立宗谷ふれあい公園の屋外の遊具の紹介!珍しい遊具あり!|稚内


市町村別 稚内市

しょう
こんにちは。 しょう(@syoradio1)です。

北海道 母子4人で1700キロ!てっぺんと離島の旅』で2泊した稚内にある「宗谷ふれあい公園」。宿泊したのはオートキャンプ場にあるコテージですが、この公園には無料で広々とした屋内の遊び場や、屋外の遊び場もあります。

この記事では、「宗谷ふれあい公園」の外の遊び場(谷間の冒険広場)のアクセスや営業時間などの基本情報とともに施設をたっぷりと紹介します。

この記事のポイント!
  • 宗谷ふれあい公園のアクセスや営業時間、施設情報などの基本情報
  • 公園内にある外の遊び場の情報(遊具の種類など)がわかる
  • 実際に遊んでみての口コミ・感想

宗谷ふれあい公園とは?アクセス、営業時間などの基本情報

紹介する「北海道立宗谷ふれあい公園」は、北海道の道北地方の一番北、稚内市にある道立公園

この記事で紹介する屋内の遊び場や屋外の遊び場だけでなく、キャンプ場も併設されています。冬はスキー場にスノーランドと一年中通して遊ぶことができる大きな公園です。利用したオートキャンプ場のコテージ(ロッジ)は、別荘タイプの設備できれいで快適でしたよ。

あわせて読みたい

北海道立宗谷ふれあい公園の屋内の遊び場の紹介!広くてたっぷりと遊べる!|稚内

2018.09.13
▽宿泊したコテージのアクセス、料金、設備や利用しての感想などはこちらの記事でたっぷりと紹介しています。

※運営している別ブログ「まいにちキャンプ!」にて紹介

住所・地図・アクセス

  • 住所:〒098-6642 北海道稚内市声問5丁目40番1号

▽地図

主な都市からのアクセス
  • 旭川から車で3時間40分
  • 札幌から車で5時間40分
  • 稚内空港から車で10分
  • 利尻・礼文行きのフェリーターミナルから車で20分

屋内の遊び場の営業期間・時間・定休日

  • 利用期間:5月上旬〜9月30日
  • 午前9時〜午後9時

入場料金

  • 無料

屋外の遊び場(谷間の冒険広場)の特徴、おすすめポイント

屋外の遊び場(谷間の冒険広場)の特徴や、おすすめポイントです。

主な設備とおすすめポイント
  • ふわふわ・コンビネーション遊具あり
  • 他にはあまりない変わった遊具があり
  • 営業期間はキャンプ場の営業期間と同様。(冬季期間はクローズ)
  • 屋内の無料の遊び場もすぐ近くにある
スポンサーリンク

宗谷ふれあい公園 屋外の遊び場!面白い遊具あり!

宗谷ふれあい公園はキャンプ場や多目的広場などもあり、とても敷地が広い公園。

▽宗谷ふれあい公園のMAP
北海道立宗谷ふれあい公園の地図

公園に入場してすぐある建物が「ビジターセンター」。無料の屋内の遊び場があります。外の遊び場は、そこから徒歩3分ぐらいの場所「谷場の冒険広場」。

▽「谷場の冒険広場」というゲートが目印

北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場の入り口

▽冒険広場に到着。この建物はトイレです

北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場のトイレ

▽またがってゆらゆら揺れる遊具がたくさん。

北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場

アザラシなのが稚内らしくていいですね!かわいいアザラシ。小さな子どもから楽しめる遊具です。

▽冬場はスキー場にもなる坂がみえました

北海道立宗谷ふれあい公園 スキー坂

 

▽コンビネーション遊具
北海道立宗谷ふれあい公園 コンビネーション遊具

 

▽飛び跳ねて楽しいふわふわ
北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場 ふわふわ

 

▽ガード付きのブランコもありますね
北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場 ブランコ

 

▽滑り台。白い坂のすべり台は閉鎖されていました

北海道立宗谷ふれあい公園 滑り台

 

▽自転車のペダルのようなものがついていて、こぐとぐるぐる回ります

北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場 ぐるぐるまわる遊具

 

▽小学生が大喜びだったのはこれ!

北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場 すごい遊具

縦に横に、高さを変えて回転しながら、揺れるシーソーのようなもの。360度回転するやじろべいのような遊具ですね。わたしも子どもと乗りましたが迫力がありました!

北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場

▽ターザンロープもありましたよ
北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場 ターザンロープ

▽ネットのような遊具は閉鎖されていました
北海道立宗谷ふれあい公園 遊具広場 ネットは使用禁止

宗谷ふれあい公園の「谷間の冒険広場」で遊んでみての口コミ・感想

コテージに2泊し、屋内の遊び場でもたっぷり遊んで、外の遊び場もあり、満喫した宗谷ふれあい公園。

公園の遊具は老朽化して閉鎖されているものもありましたが、ぐるぐる上下に揺れて回転しながら動くシーソーのような遊具など、他の場所ではあまりないような遊具が楽しかったようです。

遊具広場は広すぎず遊ばせやすいぐらい大きさ。屋内の遊び場と一緒に遊ぶときっと大満足だと思います。

関連記事 こちらの記事もどうぞ

▽旅日記や公園内のキャンプ場のコテージの情報はこちらの記事からどうぞ。

あわせて読みたい

▽宗谷ふれあい公園の無料の屋内の遊び場はこちら

北海道立宗谷ふれあい公園の屋内の遊び場の紹介!広くてたっぷりと遊べる!|稚内

2018.09.13

▽遊び場に訪れたときの旅日記はこちら

北海道旅行!最北端を目指す1700キロの旅 その4 いざてっぺんへ!稚内を満喫

2018.09.03

▽宿泊したコテージのアクセス、料金、設備や利用しての感想などはこちらの記事でたっぷりと紹介しています。

※運営している別ブログ「まいにちキャンプ!」にて紹介

稚内市の宿・温泉・ホテル

近くの宿・温泉・ホテルの情報はこちらから▽

近くのランチ・カフェ・レストラン

近くのランチ・カフェ・レストランはこちらから▽

しょうの代理 ルルン
お出かけの参考になれば嬉しいです!