宮島沼は日本最大のマガンの飛来地!美しい景色にもうっとり |美唄市

こんにちは。ディープに旅をするのが好きな札幌のしょう(@syoradio1)です。
今回は、美唄市にある沼、宮島沼の紹介です。

この沼、ただの沼ではありません。日本国内で最北かつ最大のマガンの飛来地。最大で6万羽のマガンがこの沼にやってくるのです。

宮島沼は日本最大のマガンの飛来地!

宮島沼は美唄市にあります。

カントリーサイン好きとしては、外せない恒例の写真。

宮島沼がある美唄市

宮島沼の周りは田んぼが広がっています。近づくまで、日本最大のマガンが飛来する沼があることは気がつきません。

見学者用の駐車場もあります。

見学者用の駐車場あり

駐車場からの道沿いに「ガマ」を発見!

子供たちが好きな植物、ガマ

動く図鑑MOVE 植物(DVD付き)のDVDにも登場する植物。うちの子たちは暗記するレベルで繰り返し見ているので、大好きな植物でもあります。

沼の手前に、水鳥・湿地センターがあります。

宮島沼 水鳥・湿地センター

センター内の案内板で、飛来している水鳥の種類や数を確認できます。

水鳥の飛来数などがわかる案内版

 

訪れた日は、2400羽のマガンが飛来しているようです。2000羽でもすごいのに、最大の6万羽は想像を絶するレベル!!

こちらがセンター奥にある宮島沼の入り口。

宮島沼の入り口

この日は、厚い雲がかかるどんよりした天気。しかし、その厚い雲が水面に雲が映しだされて、ダイナミックな美しい景色が広がっていました。

これが、宮島沼!美しい!

 

対岸のほうから、たくさんの鳥の声。

群れをなして、鳥が飛びだっていきました。

たくさんの鳥たちが飛び立つ!

 

マガンがたくさんいます。

対岸にマガンがたくさん

対岸だから遠くて見えずらかったですが、うじゃうじゃいる鳥たちの姿に感動!
日の出前や夕方の時間帯だともっと多くの姿を見ることができます。ものすごい迫力なんだろうなぁ…。

一度見てみたい!

センターに戻って、センター内にある望遠鏡から水辺の鳥を観察。

センターから望遠鏡で観察

望遠鏡があるだけでなく、宮島沼や水鳥の紹介の展示がわかりやすくされています。

子どもが訪れて楽しいスペースもありました。これは嬉しい!

センター内には子どもが楽しめるスペースも
宮島沼と水鳥のことが学べる展示


絵葉書や宮島沼のガイドブックのほか、クッキーなどのお菓子も販売されていました。

ガイドブックやお土産も

宮島沼はラムサール湿地条約にも登録されています。

ラムサール条約に登録されています

宮島沼の場所、渡り鳥の飛来時期などの紹介

宮島沼の場所や渡り鳥の飛来時期などを紹介します。

渡り鳥の飛来時期

  • 春の季節:3月下旬から5月上旬
  • 秋の季節:9月下旬から11月上旬

マガンを見るおすすめの時間帯は、

早朝の飛び立ち時(日の出少し前)と、夕方のねぐら入り時(日没前後)
です。

宮島沼水鳥・湿地センターの開館時期などの詳細情報

  • 開館時間:9時~17時

※マガン最盛期は延長あり
※マガン最盛期は早朝もトイレのみ使用可

  • 休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、祝日の翌日、年末年始(12/31~1/5)※マガン最盛期は休館日なし
  • 入館料:無料

今回のしょうラヂオ。

今回は、美唄市にある宮島沼の紹介をしました。
周りは田んぼに囲まれ、のどかでほっとするような景色が広がっていました。観察マナーに気をつけて、素晴らしい景色と渡り鳥の観察を楽しめたらと思います。

札幌からしょう(@syoradio1)がお届けしました。
もしこの記事が気に入ったら、SNSでシェアしていただけると嬉しいです♪ では、次回の更新もお楽しみに!


全てのカテゴリー

運営ブログ

▽年間20泊以上している我が家。ファミリーキャンプを紹介するブログ

▽栃木県小山市(おやまし)の地域情報を発信するブログ

しょうラヂオ。について。

『しょうラヂオ。』は月間41万PVを達成!札幌や北海道での子連れでのお出かけ情報、子連れ旅、ファミリーキャンプ登山、子育てに役立つ情報・お得な情報を発信しています。
■ 当サイトについて(取材・お仕事依頼・お問い合わせはこちら)
■ 運営者「しょう」のプロフィールはこちら
————————————–
Facebookページのいいね!でお出かけ・旅・育児の役立つ情報を受け取ろう!

————————————–
▽ 友だち登録でお出かけ・旅・育児の役立つ情報を受け取ろう!
友だち追加
————————————–
▽ twitterでしょうをフォローする