帯広のおすすめランチ!豚丼の人気店「元祖豚丼のお店・ぱんちょう」へ!松竹梅の秘密とは?


帯広市
スポンサーリンク
しょう
こんにちは。しょう(@syoradio1)です。

帯広に訪れたときに行ってきました。豚丼!帯広といえば、豚丼が有名ですよね。
豚丼の人気店はいくつかありますが、今回紹介するのは、豚丼の発祥のお店「ぱんちょう」。
週末となれば、行列が絶えないお店。
訪れるのは2回目でしたが、子どもと美味しい豚丼を頬張ってきました。

帯広の豚丼発祥の由来 ぱんちょうの創業者が考案!

紹介するお店は、北海道の十勝地方、帯広市にある豚丼のお店。
豚丼とは、甘辛いタレで味付けた豚肉を、ご飯の上に乗せた帯広発祥の料理です。

帯広で豚丼が有名になった所以は開拓時代にまでさかのぼります。
「開墾のはじめは豚と一つ鍋」。
十勝開拓の祖である依田勉三が自身の句で読んでいるように、豚は開拓時代に欠かせないものでした。

「元祖豚丼のお店・ぱんちょう」の創業者が和風の味付けにした豚丼を考案。
人気は広まり、あちこちで豚丼を提供するお店が増えていったそうです。
こうして、帯広といえば豚丼というほど、帯広では家庭の味に広まっていったんですね。

スポンサーリンク

「元祖豚丼のお店・ぱんちょう」へ!松竹梅の秘密とは?

3月の週末に帯広を訪れたときに行ってきました、「ぱんちょう」へ。訪れるのは2回目。

▼ぱんちょうは帯広駅のすぐ目の前にあります。

駐車場はありません。車の場合は、近くに有料駐車場がありますよ。

週末だったので、やはりお店の前には行列ができています。

20分ほど並んで席につきました。お店はあまり広くありません。席数は34席。

▼箸袋の裏に創業当時の思いや、今も創業当時の味を守り続けている旨が書かれています。

並んでいるときにメニューが回ってきて、先に注文をしまいた。
「ぱんちょう」のメニューは、豚丼のみ。

「ぱんちょう」のメニュー

  • 松…900円
  • 竹…1,000円
  • 梅…1,100円
  • 華…1,300円
  • 味噌汁…なめこ椀200円、わかめ椀180円
  • お土産用の豚丼あり(肉の量の違いで3段階…1000円、1300円、1650円)

松竹梅といえば、一般的には「松」が一番高価ですが、「ぱんちょう」の場合は逆です。「梅」が一番高価なもの。
それは、創業時の奥さんの名前が「ウメ」だったからと言われていますよ。
松竹梅で豚肉の枚数が違います。

席についてわりとすぐに豚丼が運ばれてきました。

▼蓋を開ける瞬間はとくに盛り上がりますよね!

蓋をあけると、熱々の豚丼が!美味しそう!

▼注文したのは「松(900円)」の豚丼。

炭火で焼かれた豚肉は香ばしい香りと、甘いしょっぱいタレが絡まり。
ホカホカのご飯と食べる幸せ!なんと言っても、タレが美味しい。

丼ものが大好きなので、至福のひとときでした。

「ぱんちょう」の営業時間・アクセスなどの詳細情報

「ぱんちょう」の営業時間・アクセスなどの詳細情報です。

「ぱんちょう」の詳細情報

 

関連ランキング:豚丼 | 帯広駅

子連れおすすめポイント

 
※お店があまり広くないので、小さな子連れだと少し大変かもしれません。
ただお店の人は、小さな子にも優しかったです。訪れたときも赤ちゃん連れのお客さんもいらっしゃいましたよ。

 

実は、札幌から引っ越す前の最後の北海道旅行で訪れた帯広。この豚丼が食べられてよかった!
もちろん、六花亭の帯広本店も立ち寄りましたよ。六花亭と豚丼は、帯広観光の鉄板コースですね。

しょうの代理 ルルン
お出かけの参考になれば嬉しいです!

一緒に訪れるならここ!近くのスポットを探す!

近くのスポットや、一緒に訪れるのにおすすめのスポットです。

イチオシ記事・割引クーポンの情報

◆コスパ最強の子どもの英語 →チャレンジイングリッシュ 兄弟でのお得な利用方法はこれ!一人分の料金でシェア!

◆スマホにたまった写真どうしてる?→フォットブックが毎月1冊無料!
◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK

スポンサーリンク