子どもの「やることボード」を100均材料で作成!声かけを減らして、自発的にテキパキと!

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

子どもに「あれしなさい」、「これしなさい」、「早くして!」。なるべく言いたくないですし、言い続けるだけでぐったりしています。

子ども3人がいる我が家は下手すると、朝から晩まであれこれ子どもに指図しないといけない状態。

子どもにあれこれ言い続けると、非常に疲れます。子どもにとっても良くありません。

そんな状況を少しでも改善すべく、考えました。

子どもへの声かけを減らし、自分からやるべきことを進んでできるようにと願いを込めて…。

スポンサーリンク

やろうと思っていたことも言われた瞬間に指示に。やる気ダウンへまっしぐら

心の中で想像してみてください。

 

あなたは小学生です。学校からそれなりに疲れて家に帰ってきました。

———想像ここから —————

「ただいまー。」「おかえりなさい」

玄関のドアを開けると、ふわりと暖かい空気が肌に触れます。玄関はほんのりいい匂い。やはり家に帰ると安心します。

(今日のおやつは何かなぁ)

まずは、宿題をやらなければいけないと頭の中でわかっています。だけど、家の中の居心地の良さで、少しのんびりソファに座ってぼぅっとしたい気分。ソファにゆっくりと座り込みます。

すると、母親がすたすたやってきて「宿題はやったの!早くやりなさい!」といいます。

(むむっ。今やろうと思っていたのに!!)

内心そう思いますが、いやいやながら「はい」と返事をします。

さっきまで心も暖かくいい気持ちだったのに、突然に心はどんより。

やりなさいと言われた瞬間に、宿題がとても嫌なものに感じてきました。少しはあったやる気は限りなく0に近づきました。
めんどくさいなという気持ちでいっぱい。嫌なので、てきぱきとできません。

のろのろ嫌々と宿題をやっていると、また母親がやってきて「いつまで宿題をやってるの?早くしなさい!」と言ってきます。

(別にわかってるし!!)

もう宿題なんて大嫌いです。

次の日もその次の日も、嫌な気持ちで宿題にのぞむので、テキパキなんてできません。面倒くさくて嫌な気持ちでいっぱい。
母はますます「早くしなさい!」と言ってきます。明らかに怒ってイライラしているので、嫌だけれどもしょうがなく宿題をやります。

———頭の中の想像、ここまで。

あぁー、きっと小学生あるあるですよね。母はイライラし、子どもは毎日のように同じことを言われる。
我が家では油断するといつもこの状態です。

辛い状況です。子どもにとっても親にとっても。

頭の中でやろうと思っていたことが、「やりなさい!」と言われた瞬間に、それは義務になるのです。

自発的にやることと、言われたからやることは、同じことに取り組んでもまったく違います。

この負のループから抜け出すべく、子どもの『やることボード』を作成しました。

スポンサーリンク

やることボードの作成。自分で考えて行動できる子になってほしい!

子どもの毎日のルーティンはほぼ決まっています。
それをシンプルにボードにしました。

材料はすべて100円ショップで調達。

やることボードの材料

  • マグネットボード
  • マグネット
  • シール(マグネットの上に貼るもの、わたしはテプラを使用)

こちらは前のバージョン。やることが書かれているマグネットシートが移動がしづらく、使いづらいのでボツに。

前のバージョン

前のバージョン

こちらが、現行の完成バージョン。

マグネットの上にやることを書いたシールが貼ってあります。

やることボード

やることボード

朝起きたときにすべて、左側にマグネットがある状態にします。
終わったらその項目は、右側に自分で移動します。

できていないときの声掛けも、今までの「早く宿題やりなさい!」とかではなく、「ボードでチェックしてみて!」と変えました。
自分で気づいて自分で行動できるように、そこが狙いです。

さらに、すべて達成できた日は、ポイントが入り(5ポイント=5円)お小遣いに還元されるシステムになっています。

(ちなみに、お手伝いもポイント制です)

ポイント還元システムと、兄弟で競うというのが、いい感じに作用して、以前よりは自発的に取り組んでいます。

兄弟で競いながら、利用。

兄弟で競いながら、利用。

わたしの声かけもだいぶ減りました。子どもも言われてやるよりは、テキパキとやるようになりました。(もちろんそうではない日もありますが…)あとは、持続することが大切!

(お小遣いのポイント制や、子どもの朝勉強の習慣のすすめなどは別の記事で紹介したいと思います)

今回のしょうラヂオ。

率直にいえば、自分が楽になりたくて、作りました。
母がイライラせずに、にこにこ元気でいられると、子どもも生き生きとしています。

子育ては親育て。

子どもはどんどん大きくなって、心も体も成長が目に見える。わたしも同じように親として成長していきたい。

自分のことは自分で、何をやるか考えて行動する。
学力を上げるのが目的ではなくて(もちろん学力も大事!)、生きていく上で必要なスキルを身につけてほしい。自分でやろうと思う気持ちも大切に尊重する。

自分自身がこのことを忘れずに、子どもたちに向き合っていきたいです。

(なんだか、母の反省文のような感じになってしまったのは気のせいだろうか…)

ちなみに、「テプラ」は一台あると、とっても助かります。
幼稚園で毎日洗うコップの名前つけなども強粘着シールを使えば、簡単ではがれません。アイロンシールバージョンもあります。幼稚園児から小学生まで幅広く活躍中。

おすすめ記事▼ ◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
↓LINE@のお友だち登録もぜひ! LINEで更新通知を受け取る!
twitterでしょうをフォローする