北海道大学総合博物館がリニューアル!入館無料!観光や子どもと一緒に訪れたい施設|札幌市

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

子どもと一緒に楽しみながら学べる場所が好きです。

こんにちは。「しょうラヂオ。」を運営しているしょう(@syoradio1)です。

2016年7月にリニューアルした北海道大学総合博物館へ行ってきました。

さわれる展示なども多くて子どもたちも興味津々、親子で楽しめました。子連れでも観光のついでにもおすすめ。入館無料で、素晴らしい施設です。

スポンサーリンク

北海道大学総合博物館の紹介!触れる展示や体験型の展示もたくさん

北海道大学総合博物館は、その名の通り北大の敷地内にあります。
大学はたいてい一般市民にも開かれている場所ですが、観光地としてたくさんの人が訪れるのは全国でも北大ぐらいかもしれませんね。

北大を訪れたことがある方なら知っていると思いますが、札幌駅から徒歩10分と街中にある立地にもかかわらず、北大の中は自然が豊かです。
太くて立派な木々が並び、池があり小川が流れ、なんとなくお散歩するだけで、歴史と自然が同時に感じられる場所でもあります。
img_5446.jpg

今回紹介する北大の博物館は、イチョウ並木とクラーク像の中間地点あたりにあります。

観光ついでに一緒に訪れるのもおすすめですね。

駐車場はありません。もし車で訪れたい場合は、地下鉄南北線の北12条駅の近くに有料のパーキングが点在しているので、そこを利用すると便利です。

さて、この北海道大学総合博物館ですが、2016年7月に展示内容が一新、リニューアル
リニューアル前も訪れたことがありましたが、さわれる展示や体験型の展示が多くなり、より子どもと一緒に楽しめる内容になっていました。

こちらが博物館の建物。歴史と風格を感じる建物です。

北海道大学総合博物館の建物

北海道大学総合博物館の建物

北大構内にある鉄筋コンクリートの本格的建築としては最も古い建物だそうです。

歴史を感じる建物。

歴史を感じる建物。

昭和4年につくられました。

入口のドア。

入口のドア。

北大生じゃなくても、大人も子供も入館は無料

代わりに、入館してすぐに募金箱が設置されています。

募金箱があります

募金箱があります

主な展示内容は、北海道大学の歴史や12学部の教育研究、学術標本の展示、感じる展示に分かれています。
こちらは、北大の歴史をたどるコーナー。
img_5421.jpg
北海道大学の敷地の模型。敷地がとても広いことがわかります。

img_5423.jpg

こちらは、ノーベル化学賞を受賞した鈴木章氏のコーナ。

ノーベル化学賞を受賞した鈴木章さんのコーナー

ノーベル化学賞を受賞した鈴木章さんのコーナー

学部ごとの紹介のコーナーは体験型の展示も多くて、子どもも興味津々

学部ごとの教育研究の紹介

学部ごとの教育研究の紹介

北方民族について、ボタンを押しながら学んでいます。
img_5402.jpg

プラズマを発生させたり、

プラズマ発生!

プラズマ発生!

話しかけるとおしゃべりしてくれるロボットに話しかけたり、

おしゃべりしてくれるロボット!

おしゃべりしてくれるロボット!

医学部の展示では内視鏡手術の体験。

内視鏡手術

内視鏡手術

こちらは歯学部の展示。
img_5400.jpg

こういうのに触ったり、
img_5398.jpg

熱中したり、
img_5397.jpg

のぞき込んだり、
img_5426.jpg

重さを体感したり。

シカの角を頭につけている子どもたち。

シカの角を頭につけている子どもたち。

体験型の展示に子どもたちも夢中です。原理や仕組みはまったくわからなくても、新しいことに興味をもつきっかけになるかもしれません

「感じる展示室」という展示内容もありました。
鉱石や鉱物、岩石、動物などの標本があり、自分で手に取ってさわって、調べることもできます

感じる展示室では鉱石などをさわることができます

感じる展示室では鉱石などをさわることができます

虫メガネを片手に、石に夢中になっています。

鉱物を調べています

鉱物を調べています

化石や標本もたくさん展示されていました。
img_5391.jpg

貴重な、「ニッポノサウルス」と、「デスモスチルス」の化石も展示されています。
img_5390.jpg

img_5415.jpg

これだけの展示内容があるのに、入館は無料。観光でも地元の人でもぜひ一度は訪れたい博物館です。

館内にはエレベーターが設置されているので、ベビーカーのまま展示を見ることもできます。

館内にはエレベーターがあります

館内にはエレベーターがあります

授乳室やおむつ替えコーナーもあるので、小さな子ども連れでも安心ですね。

スポンサーリンク

ミュージアムショップにはお土産にもおすすめアイテムがたくさん

館内にはミュージアムショップがあり、お土産を買うことができます。

きのとやの札幌農学校

きのとやの札幌農学校

博物館オリジナルグッズや北大オリジナルグッズがそろっていてお土産にもおすすめです。

オリジナルの文房具なども

オリジナルの文房具なども

タンブラーやメモ帳、たくさんのオリジナルグッツが並びます。
img_5417.jpg

img_5431.jpg
学部ごとのストラップまでありました

学部ごとのストラップまでありました

博物館にはカフェも併設。スイーツから食事メニューも「ミュージアムカフェポラス」

館内にはカフェも併設されています。

カフェの営業時間は博物館よりも長いです。
img_5408.jpg

こちらがカフェのメニュー。ソフトクリームが美味しそう!

ハンバーグやパスタ、食事系のメニューもありました。メニューを見ると素材へのこだわりを感じます。
img_5405.jpg
店内は広くて、席もゆったりしています。

カフェの店内の様子

カフェの店内の様子

img_5430.jpg

北海道大学総合博物館のミュージアムカフェぽらすの営業時間、定休日などの詳細情報

ミュージアムカフェぽらすの詳細情報です。

ミュージアムカフェぽらすの詳細情報

 

関連ランキング:カフェ | 北12条駅札幌駅(JR)桑園駅

 
このときは、隣にある学生食堂でお昼ごはんを食べたので、カフェは利用しませんでした。
手軽に食事を済ませたいときは、学食の利用もおすすめです。

北海道大学の学食は誰でも利用可!コスパ最高!観光や北大博物館と一緒にぜひ

2016.10.12

北海道大学総合博物館の開館時間、閉館日などの詳細情報

北海道大学総合博物館の開館時間、閉館日などの詳細情報です。

子連れおすすめポイント
  • 館内ベビーカーで見学OK
  • ベビーカーの貸し出しあり
  • 授乳室あり
  • おむつ交換台あり
  • コインロッカーあり(100円硬貨戻り式)
  • カフェあり
  • 料金が無料

 

北海道大学総合博物館の詳細情報
  • 入館無料
  • 住所:〒060-0810 北海道札幌市北区北10条西8
  • TEL: 011-706-2658
  • アクセス・場所:JR札幌駅北口より徒歩10分。クラーク像とポプラ並木のちょうど中間あたり
  • 開館時間:10:00~17:00  ※6~10月の金曜のみ 10:00~21:00
  • 休館日:毎週月曜日 ※祝日は開館、翌平日は休館します
  • 臨時休館日:9/4, 12/28~1/4, 1/14〜15, 2/25, 3/12
  • 公式サイト
  • 駐車場なし
    ※車の場合は、地下鉄南北線北12条駅の近くに点在している有料パーキングの利用が便利

さいごに

リニューアルしてから初めて訪れましたが、期待以上に親子で楽しめました。

母と子ども3人の4人で、北大の敷地内をのんびりお散歩して、博物館をじっくり見学して、ご飯を食べて…、なかなかの充実コース、おすすめです。

観光やお出かけの参考になれば嬉しいです。

札幌エリア 屋内の無料の子連れスポット 16選!雨でも雪でもOK!

2015.03.09
おすすめ記事▼ 「AMAZONプライム」お試し1ケ月間は無料!
◆野菜が高いぞ!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK

スポンサーリンク