【戸隠キャンプ旅】夏でも涼しい!戸隠神社にちびっこ忍者村、お蕎麦を満喫した2泊3日の旅|長野県


旅日記・フェリー
しょう
こんにちは。暑さが苦手で、夏は標高1000メートル以下ではキャンプをしないと決めている しょう(@syoradio1)です。

真夏の暑い時期にキャンプをしてきました。標高1,200メートルの戸隠(とがくし)高原にある「戸隠キャンプ場」です。

戸隠高原は下界の気温より約マイナス10℃。間近には、荒々しい戸隠山が迫るようにそびえています。

二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社に参拝し、本格的なアスレチックが楽しめる「チビッ子忍者村」を楽しんで。美味しい戸隠蕎麦をいただきました。

本記事では、8月の真夏に訪れた2泊3日の涼しく楽しいキャンプ旅日記と旅の日程や予算などとともに紹介します。

戸隠キャンプ2泊3日の旅!マイナス10度で真夏でも涼しい

今回の目的地は、戸隠。長野県の長野市にあり、新潟よりの場所です。

▽長野の中心部から車で約45分。長野市街地から戸隠までずっと急な登り坂が続きます

戸隠は、標高約1,200メートルのところにあり夏でも涼しい場所です。

2,000年以上の歴史がある戸隠神社やお蕎麦、忍者ゆかりの地なので忍者にまつわる施設や、日本最大級の敷地面積を誇る戸隠キャンプ場も人気のスポット。

今回の旅は戸隠キャンプ場の予約なしのフリーサイトに2泊し、戸隠の神社などの観光スポットに立ち寄る計画。

訪れたのは8月のお盆前の海の日を挟む3連休の前日の金曜日。3連休は大混雑は予想できるので、1日ずらして出発しました。

出発!戸隠キャンプ場へ!予約なしのフリーサイトは混雑日を回避して大正解!

我が家が住んでいる栃木県小山市から戸隠までは、車で約3時間半。

朝からキャンプの準備をし、キャンプの買い出しをしてから出発したので、出発時刻はのんびりと11時ぐらいでした。

▽長野市の市街地を超えてから戸隠へ向かう登り坂がすごかった!

ぐんぐん登って標高1200メートルの戸隠高原へ到着。途中休憩をした前橋市では予想最高気温が39℃ぐらいの酷暑日だったので、到着した戸隠は感動的に涼しく感じました。

戸隠キャンプ場は気持ちがいいキャンプ場!

訪れたのは3連休前の金曜日の午後16時前でしたが、フリーサイトはまだ空いていました。よかった!

戸隠キャンプ場には事前予約ができる区画サイトと当日受付のフリーサイトがあります。

戸隠キャンプ場の公式サイトから当日の混雑状況が確認できるので、訪れるときに見ておくと安心ですよ。

なんと、翌日の3連休の初日には、朝8時にキャンプ場前に車の渋滞の列と、チェックイン受付の信じられないような長い列ができていました。朝の8時にですよ!

北海道でゆるいキャンプをずっとしてきたので、朝の8時に人がチェックインの人が殺到している光景は衝撃すぎました。なるほど、これからはもっと気合を持って本州のキャンプにのぞまなければ…。

フリーサイトの場合、連休初日やお盆休みなどのとくに混雑する日は相当な覚悟を持って訪れる必要がありそうですね。

▽サイトまで車が乗り入れ可能で、車をテントの脇に横付けできるので設営も楽ちんです。

戸隠キャンプ場のフリーサイト

戸隠キャンプ場のフリーサイト

最近は登山用のテントを使用し、もっぱら軽量化キャンプを楽しんでいます。

戸隠キャンプ場はとにかく広い!

敷地内にカフェや牧場、水遊びができる川も流れていました。

戸隠キャンプ場内にある川

戸隠キャンプ場内にある川

2日目:早起きをして朝ごはん!キャンプの朝は気持ちがいい!

2日目の朝。早起きをして朝ごはん。

我が家のキャンプスタイルの朝ご飯は、飯ごうでご飯を炊くかホットサンド。この日は飯ごうでご飯を炊きました。

キャンプのご飯はいつでも美味しい!

▽秀岳荘(北海道のアウトドア用品店)とコールマンのコラボのマグに森彦(札幌にある珈琲店)のコーヒー。北海道を懐かしみながらいただく朝の一杯。

秀岳荘×コールマンのコラボのマグと森彦のコーヒー

秀岳荘×コールマンのコラボのマグと森彦のコーヒー

 

▽キャンプ場の目の前にそびえる戸隠山などの山々。

キャンプの朝は気持ちがいいですね。

戸隠神社奥社へ参拝 杉並木が美しい!

キャンプ場で朝ごはんを食べて、今日の予定は戸隠観光です。

最初の目的地は戸隠神社の奥社。戸隠神社は、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなっており、奥社はその1つです。

駐車場から奥社までの参道は2キロあり、片道約40分。

涼しくて気持ちがいい参道をひたすら歩きます。樹齢400年の立派な杉並木。

樹齢400年の杉並木

樹齢400年の杉並木

後半はひたすら階段と登り坂が続きます。日頃の運動不足がたたり息があがります…。

奥社の参道 後半は登り坂

奥社の参道 後半は登り坂

わたしは足が重くなり子どもたちにも置いていかれ気味になりながら、なんとか本殿までたどり着きました。達成感があります。

訪れたときは、御朱印の書き手の方が一人しかおらず、御朱印をいただく列に並んで30分ぐらい待ちました。

▽ありがたい御朱印

奥社と九頭龍社で頂いた御朱印

奥社と九頭龍社で頂いた御朱印

戸隠そばに舌鼓!

奥社に参拝し、2キロの参道を再び歩きました。帰りはひたすら下り道なので早かったです。

戸隠神社奥社の参道入口にあるお蕎麦屋さんで早めのお昼ごはんにすることにしました。往復4キロのアップダウンでお腹もすっかり空いています。

連休中ということもあり、どこのお店もお昼近くはとても混雑していたので、早めのお昼にしてよかったです。

戸隠そばは、岩手県のわんこそば、島根県の出雲そばと並び、日本三大そばのひとつ

古来から伝わる「一本棒、丸延ばし」と呼ばれるそば打ち方法や、「ぼっち盛り」と呼ばれる独特の盛り付けが特徴のお蕎麦です。

香りがとてもよいお蕎麦は本当に美味しかったです。いろいろなお店を食べ歩きしてみたい!

訪れたお蕎麦屋さん「奥社前なおすけ」の基本情報は以下の通り。

奥社前なおすけの営業時間・アクセスなど
  • 住所:〒381-4101 長野県長野市戸隠奥社3688−1
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:火曜日

▽地図

「ちびっ子忍者村」でアスレチックを楽しむ!

続いて訪れたのは、「ちびっこ忍者村」。戸隠は戸隠流忍術が今も伝わる忍者の聖地。戸隠には忍者にまつわる施設がいくつかありますよ。

youtuberの「フィッシャーズ」がちびっ子忍者村のアスレチックを紹介している動画を子どもたちが見て訪れた場所。

「ちびっ子忍者村」にあるのは、名前からは想像できないほど本格的なアスレチック

むしろ、ちびっ子は無理なのでは…?(小さい子向けの体験や遊び場などもありましたが!)

子どもたちは、忍者になりきり、アスレチックをすべて体験。

 

子どもたちも大満足!とても楽しかった!

我が家には、最近アスレチックブームが訪れています。小学生が3人いるので、アスレチックはぴったりのアクティビティですね。

ちびっ子忍者村の隣の温泉施設「神告温泉」でゆっくりと温泉に入り疲れを癒やして。近くの商店で買い出しを済ませてキャンプ場に戻りました。

夜は、キャンプ場のイベント「キャンプファイヤー」や抽選会にも参加。本州の大きなキャンプ場のイベントは楽しいですね!

3日目:テントを撤収!戸隠神社中社へ

3日目の朝も、ご飯は飯ごうで炊いて朝ごはんにしました。

朝食後にテントを撤収し、「戸隠神社中社」へ向かいます。朝9時ですが、すでに神社近くの道路は大混雑。

ぎりぎり神社前の有料の駐車場に停めることができました。よかった!

樹齢800年の3本杉。

 

御朱印もいただいて、参拝しました。戸隠も大満喫。連休中で混雑してきたので、涼しい戸隠をあとにして下界に降りました。

帰り道に人生最高のおやきに出会う!

最後に長野市内でおやきを買いました。

調べてたまたま立ち寄ったおやき屋さんの「おやき屋」がとても美味しくて感動。

ここのおやきは揚げています。揚げているタイプのおやきは初めてかも。

お値段も安くて、1つ100円から。お土産用に、もっとたくさん買えばよかった!

おやき屋の基本情報
  • 住所:長野県長野市稲葉日詰1664-9
  • 営業時間:9:30~終わりしだい
  • 定休日:第1・3・5日曜日、第2・4月曜日

▽地図

高速道路を使い、15時前には自宅に戻りました。とにかく、暑い!もう一度、戸隠に戻りたい…

旅の予算(かかったお金)やスケジュール・旅程は?

2泊3日の戸隠キャンプ旅の旅程や予算(かかったお金)を紹介します。

2泊3日の戸隠キャンプ旅のスケジュール

2泊3日の戸隠のキャンプ旅の大まかな旅程は以下のとおりです。

2泊3日の戸隠キャンプ旅のスケジュール

1日目

  • 11時…出発
  • 16時前…戸隠キャンプ場に到着
  • 設営・夜ご飯

2日目

  • キャンプ場で朝ごはん
  • 8時…戸隠神社奥社に参拝
  • 10時…戸隠そば
  • 11時…ちびっ子忍者村でアスレチックを楽しむ
  • 14時…神告温泉で入浴
  • 15時…近くの商店で買い出し
  • キャンプ場で夜ご飯・キャンプファイヤーや焚き火

3日目

  • 8時…テント撤収
  • 9時…戸隠神社駐車へ参拝
  • 11時…長野市内でおやきをいただく
  • 15時…帰宅

2泊3日の戸隠キャンプ旅の予算(使ったお金)

2泊3日の戸隠キャンプ旅で主な予算(かかったお金)は以下のとおりです。

2泊3日の戸隠キャンプ旅で使ったお金
  • キャンプ場料金…予約なしフリーサイト2泊、登山用テント2張・タープ1張・車1台:13,000円
  • 外食代(戸隠そば)…約4,000円(家族5人分)
  • ちびっ子忍者村入場料金:3,850円(5人分の入場料金と施設利用券6枚セット)
  • 駐車場代:600円(戸隠神社中社前)
  • 御朱印など:600円(300円×2)
  • 交通費:ガソリン・高速道路の料金:約15,000円
  • キャンプの食材・飲み物:夜2回・朝2回分で約12,000円
  • おやき:約1,000円

ガソリン代を含めた交通費、食材など全て含めると、今回の旅の出費はトータルで約5万円ぐらいでした。

戸隠キャンプ2泊3日の旅をふりかえる

連日35℃ぐらいの酷暑の中、訪れた戸隠はまるでオアシスのような涼しさでした。日中の最高気温は27℃。

風が涼しくて本当にさわやか。テントの中でも暑いことはなく、朝晩は半袖だと肌寒いくらいでした。

夏の暑い時期に訪れると、涼しさだけで満足感がアップします。

戸隠キャンプ場は最高でした。森林サイトや川沿いのサイトなど、広々としたフリーサイトは車が横付けできるので、本当に楽ちん。目の前にそびえる戸隠山の景色もよくて。また訪れたいキャンプ場です。

戸隠神社詣でやチビッ子忍者村、美味しかった戸隠そばやおやき。連休の前に1日早く訪れることができたのもよかった。

戸隠、また必ず訪れたい場所です。

※訪れたキャンプ場や観光スポットはそれぞれ別の記事で紹介予定です


この記事も読まれています!