芦別市『カナディアンワールド公園』がついに閉園?赤毛のアンの世界へようこそ!


空知方面のお出かけスポット

日本各地のマイナーなスポットをのんびりと訪れるのが好きです。

今回は、北海道の芦別市にある「カナディアンワールド公園」をご紹介。
2017年の10月から始まる石炭の露天掘りに向けての調査のため、閉園の予定があります。

かつては、一大テーマパークとして賑わっていたカナディアンワールド。
今は入園無料の公園になっていますよ。

一大テーマパークだった時代に訪れたことがある人も、訪れたことがない人もぜひチェックしてみてくださいね。

案内人 ウサキ
しょうは、かなり前のANAの機内誌でカナディアンワールドが紹介されているのを読んだときから、ずっと訪れたかった場所だったんだよな!
しょうの代理 ルルン
赤毛のアンの家「グリーンゲーブルス」などはきれいに保存されていましたよ!
▼しょうが運営する「まいにちキャンプ!」で訪れたときのキャンプ旅日記の記事を公開中!

芦別市「カナディアンワールド公園」とは?

紹介するカナディアンワールド公園は北海道の空知地方、芦別市にあります。

芦別市にある道の駅「スタープラザ芦別」からカナディアンワールドまでは車で15分ほどの距離ですよ。

芦別市はかつて炭鉱で賑わった町でした。炭鉱閉山後の対策の1つとして、カナダを模したテーマパークとして1990年に開園したのがカナディアンワールド。
プリンス・エドワード島の赤毛のアンの「グリーンゲイブルズ」や「リンド夫人の家」などの赤毛のアンの世界も再現されていました。

しかし、入場者数はふるわないまま低迷し、1997年に閉園

その後、1999年に芦別市が運営する「カナディアンワールド公園」として無料で開園され、現在に至ります。

先日、カナディアンワールドなどで露天掘り炭鉱開発を目指すというニュースが飛び込んできました。
調査は2017年10月から。
ということは、カナディアンワールドはついに今年度(2017年)で閉園になってしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

芦別市「カナディアンワールド公園」の紹介

実際に、カナディアンワールド公園を訪れたので紹介します。

訪問したのは日曜日でしたが、意外と人がいてびっくりしました。
閉園のニュースを聞いて、当時を懐かしみながら訪れた人もいたのでしょう。

入園無料、駐車所も無料。とても広い敷地に驚きました。

▼ カナディアンワールドのメインストリート?

ここは、カナダですわよ!

もっと廃墟感が漂う場所かと想像していましたが、思ったよりは整備されていました。

建物は中に入れる建物もあり、展示がされていたり、おみやげショップなどが入っていましたよ。

かつてはたくさんのお客さんを乗せて園内を走ったんでしょうね。電車が置いてありました。

線路の跡は、どこか哀愁が漂います。

赤毛のアンの家「グリーンゲーブルス」があるので、行ってみました。

赤毛のアンが子供の頃大好きで、小説を繰り返し読んでいたのを懐かしく思います。行く予定もないのに、プリンスエドワード島のガイドブックまで買って大切に読んでいた記憶が…。

見えてきました!赤毛のアンが過ごした家「グリーンゲーブルス」。

家の中にも入ることができて、アンの部屋やマシューの部屋などと見事に再現されていました。

(入園無料なのに、これは維持費が大変そう…と余計なことが頭の片隅にちらりと…)

写真撮影用の衣装と赤い三つ編みの髪も置いてありましたよ。

娘もわたしもノリノリでパチリ!

園内は車でぐるりと一周まわることができます。(というか、一方通行なので一周しないと出口にたどり着けません)

喫茶店や手作りショップ、美術館などのお店が園内の建物にちょこちょこと入っていましたよ。

▼ かつては賑わっていたテーマパークの「カナディアンワールド」に思いを馳せながら。

カナディアンワールドの営業時間、アクセスなどの詳細情報

カナディアンワールドの営業時間、アクセスなどの詳細情報です。

「カナディアンワールド」の詳細情報
  • 住所:北海道芦別市黄金町731
  • 開園時間:10:00~17:30
  • 開園期間:4月26日~10月19日まで
  • 冬期間は休園、2017年10月から石炭の露天掘りの調査へ
  • 入園料無料
  • 駐車場あり(無料)
  • 公式サイトはこちら

しょうの代理 ルルン
営業は2017年10月上旬までの予定。
お出かけの参考になれば嬉しいです!
▼しょうが運営する「まいにちキャンプ!」で訪れたときのキャンプ旅日記の記事を公開中!