コロガル公園


大通り西13丁目にある札幌市資料館の裏庭にこの夏、子どもが遊べる木の公園が出現します。
『コロガル公園 in ネイチャー』です。
木でできた大きな歩道に上り坂、下り坂が入り組んで、
ライトや音がなったりする仕掛けが組み込まれています。
札幌国際芸術祭の会場のひとつとして、期間限定で開放される公園です。
ただし、対象が小学生で小学生未満の子どもは入場不可(ただし、8月22日以降の平日は可能)です。
場所:札幌市資料館の裏庭
期間:平成26年(2014年)7月19日(土)~9月28日(日)10時00分~16時30分
※ただし、毎週火曜日が定休日(火曜日が祝日の場合は、次の平日を定休とする)
対象:小学1年生~小学6年生
※対象児童の保護者の入場は可能です。
※8月22日以降の平日10時00分~13時00分は、小学生未満の児童も入場可能(要保護者同伴)
最大同時入場者数:40名(保護者含む)
40名を超えた場合は、30分間隔での入れ替えを行うそうです。待っている人が多い場合は整理券が配布されます。
小学生未満の子どもが入場できないのは残念ですが、とても楽しめそうな公園です。
小学生のお子さんがいるご家庭では、長い夏休みのお出かけスポットの候補のひとつになりそうですね。
⇒コロガル公園の詳細はこちら(公式サイト)
⇒札幌国際芸術祭2014の詳細はこちら(公式サイト)
————————————————–
このブログでご紹介している子連れスポットの一覧はこちらから
→子連れスポットの一覧へ
(※お店や施設の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各お店・施設へお問い合わせください)