【小学生におすすめ】人気のシリーズの本(児童書)15選!面白い・夢中になる・思考力を育む・親子で楽しめる本も!

さよならオロロン鳥!天売島からシンボルのオロロン鳥の像が消える

こんにちは。しょうラヂオ。を運営しているしょう(@syoradio1)です。

この夏(2016年)に訪れた天売島のニュースを耳にしました。わたしにとっては、タイムリーです。

天売島の玄関口、フェリーターミナルの隣にあるオロロン像が2016年9月に老朽化のために撤去されました。

天売島の玄関口で25年間、島のシンボル的存在オロロン鳥の像とは?

天売島のオロロン像は、フェリーターミナルのすぐ隣にあります。

記念撮影にも絶好のスポットですね。

記念撮影スポットにもなっていました
記念撮影スポットにもなっていました
この巨大なオロロン像は、実は一体だけではありません。竹下登内閣時に、全国の市町村に一律1億円を配った「ふるさと創生1億円」を資金として5体つくられました。
5体のオロロンは、天売島、焼尻島、羽幌港フェリーターミナル、オロロンロード(国道232号)沿いに2体建てられました。
しかし、焼尻島のオロロン像は去年(2015年)、羽幌港フェリーターミナルは2013年の移転時に取り壊されています。

そして、今回、天売島のオロロン像も老朽化のために撤去されました。

残っているのはオロロンラインにある2体のみだけです。確かに、同じオロロン鳥の像を道路わきに見ました。

オロロン鳥の像は、白と黒で見た目がペンギンのようでかわいいです。

まるでペンギンのような見た目!
まるでペンギンのような見た目!
天売島で、オロロン鳥のぬいぐるみのお土産も買いました。

かわいいオロロン鳥のぬいぐるみ
かわいいオロロン鳥のぬいぐるみ
老朽化のために撤去…。
バブルの産物なのでしょうか、そのぐらいの時代に建てた謎の像や、やたらと大きな像たちが、かなりボロくなっているのを(よく言えば風格をましているのを)あちらこちらで目にします。

これとか、

大きすぎるカニのつめ
大きすぎるカニのつめ
これとか、

登別の鬼!
登別の鬼!
これとか…、

熊が屋根の上に!!
熊が屋根の上に!!
もはや意味不明です!

これらが、すべてバブルの産物かどうかは定かではありません。北海道は土地が広いからか、やたらと巨大な像に遭遇することが多いです。

さいごに

ガイドさんから教えていただきましたが、オロロン鳥はかつての約8千羽から現在は30羽ほどに減ってしまったようです。

オロロン鳥の像はやむなく撤去されましたが、島からオロロン鳥が姿を消すことはありませんように!

▼PICK UP ▼