「古関裕而(こせきゆうじ)記念館」へ!2020年春NHK朝ドラの主人公・よく知っているあの曲も!|福島県福島市

しょう
こんにちは。 子連れお出かけブロガーのしょう(@syoradio1)です。

福島県福島市にある「古関裕而(こせきゆうじ)記念館」へ行ってきました。

福島市はわたしの実家がある場所でもあります。地元ですが古関裕而記念館へ足を運んだのは初めて。

2020年春から始まるNHKの朝ドラ「エール」の主人公が作曲者「古関裕而(こせきゆうじ)さん」ということもあって注目されている場所でもありますよ。

本記事では、古関裕而記念館を紹介します!

作曲者「古関裕而(こせきゆうじ)」とは? NHK朝ドラのモデルに!

古関裕而とは福島県福島市出身の作曲家。

生涯の作曲数は5,000曲。全国の学校の校歌から、スポーツで有名な曲まで、誰もが一度は耳にしたことがある曲を作曲しています。

 

阪神タイガースの応援歌「大阪(阪神)タイガースの歌」(「六甲おろし」)や読売ジャイアンツの応援歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」。

「中日ドラゴンズの歌」、東京五輪のオリンピックマーチ、NHKスポーツ中継テーマ「スポーツショー行進曲」などもすべて古関裕而作曲。「長崎の鐘」なども古関裕而さんの作曲です。

福島県福島市にある古関裕而記念館は、古関裕而の資料の収集・保存・展示をしている施設。

展示コーナーでは書斎が再現され、各資料の展示のほか試聴コーナーもあり、一般に訪れることができるスポットですよ。

2020年春スタートのNHK朝ドラのモデルに!

2020年上期にスタートするNHKの朝の連続テレビ小説「エール」の主人公は、古関裕而さんとその奥さんの金子さんがモデルです。

2020年4月からスタートする「エール」は、音楽とともに生きた夫婦の物語。作品名の「エール」は「応援」の意味。東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いを込めて企画されています。

主人公は 窪田正孝さん、ヒロインは二階堂ふみさんが演じる「エール」。楽しみですね!

古関裕而記念館へ行ってきた!あの曲も!この曲も!

実際に古関裕而記念館に訪れてきました。

古関裕而記念館は、「ふくしん夢の音楽堂」という大きな音楽ホールの隣りにあります。

古関裕而記念館の外観
古関裕而記念館の外観

外観のとんがり屋根は、名曲「とんがり帽子」を思い出させる塔になっています。朝夕には古関メロディーが流れますよ。

▽隣りにある音楽堂

隣りにある音楽堂
隣りにある音楽堂

車は施設隣の駐車場に停めることができました。

古関裕而記念館は、1階がサロン、2階が展示コーナーになっています。

2階の展示コーナーはかなり興味深かったです。(※2階の展示コーナーは撮影禁止でした)

古関裕而さんは、全国各地の学校の校歌を作曲しており、一覧になっていました。自分の母校を確認したり。

高校野球の始まるときによく聞くあのメロディや、巨人や阪神の応援歌なども古関裕而さんの作曲。パネルや直筆の楽譜などの展示はわかりやすく面白かったです。

書斎も再現されており、試聴コーナーもありました。

通りに面した大きな窓が気持ちがいい1階。古関裕而さんの作曲した曲などの映像が流れていました。

オルガンの展示もありましたよ。

 

古関裕而記念館のアクセス・営業時間などの基本情報

古関裕而記念館のアクセス・営業時間などの基本情報は以下のとおりです。

古関裕而記念館の基本情報
  • 住所:〒960-8117  福島県福島市入江町1-1
  • 休館日:年末年始、展示替え時
  • 入館無料
  • 駐車場あり
  • 開館時間:9:00~16:30 入館は16:00まで
  • アクセス…バスの場合:福島駅東口からバスで10分(保原・桑折・伊達行き)日赤前から徒歩で3分
  • アクセス…車の場合:福島西ICから車で15分

▽福島駅からのアクセス


全てのカテゴリー

運営ブログ

▽年間20泊以上している我が家。ファミリーキャンプを紹介するブログ

▽栃木県小山市(おやまし)の地域情報を発信するブログ

しょうラヂオ。について。

『しょうラヂオ。』は月間41万PVを達成!札幌や北海道での子連れでのお出かけ情報、子連れ旅、ファミリーキャンプ登山、子育てに役立つ情報・お得な情報を発信しています。
■ 当サイトについて(取材・お仕事依頼・お問い合わせはこちら)
■ 運営者「しょう」のプロフィールはこちら
————————————–
Facebookページのいいね!でお出かけ・旅・育児の役立つ情報を受け取ろう!

————————————–
▽ 友だち登録でお出かけ・旅・育児の役立つ情報を受け取ろう!
友だち追加
————————————–
▽ twitterでしょうをフォローする