【小学生におすすめ】人気のシリーズの本(児童書)14選!面白い・夢中になる・思考力を育む・親子で楽しめる本も!

【すごい!きれい!簡単!】360度カメラ【RICOH TEATA SC2】を徹底レビュー!エントリーモデルで旅やお出かけにおすすめ!

しょう

こんにちは!お出かけブロガーの しょう(@syoradio1)です。

旅行やお出かけがぐんと楽しくなるようなカメラをご紹介。

スマホや一眼レフとはまた違う臨場感あふれる写真や動画をかんたんに撮ることができる全天球カメラです。

それは、360度カメラの「RICOH THETAリコー シータ

わたしはもともと「RICOH THETAリコー シータ S」のモデルを愛用していますが、より新しく求めやすいエントリーモデルにあたる「RICOH THETAリコー シータ SC2」をレンタルで利用しました。

軽い!きれい!撮りやすい!

本記事では、全天球カメラ(360度カメラ)の「RICOH THETA SC2」を紹介します。

本記事は、RICOH THETA SC2をレンタルで利用して記事を執筆しています。レンタルで利用していますが、実際の使用感を大切に良い点・悪い点を含めて、率直に記事にしています。

※旧モデルの全天球カメラ「RICOH THETA S」は3年以上愛用している360度カメラです。

RICOH THETA をこちらからチェック!

▽当記事で紹介しているRICOH THETA SC2はこちら

▽最上位のフラッグシップモデル RICOH THETA Z1 はこちら

▽アドバンスドモデル RICOH THETA V

▽THETAの自撮り棒はこちら THETA本体と手の距離があき指が大きく写り込まない写真を撮ることが可能

全天球カメラ(360度カメラ)とは? RICHO THETA SC2 はエントリーモデル!

全天球カメラとは、上下左右全方位の360度パノラマ写真がワンショットで撮れるカメラ

しかも、写真を見るときに平面的にだけでなく360度好きな場所を回転しながら見ることも可能です。その場にいるような臨場感たっぷりな写真や立体なもの、周りの様子を全方位くまなく撮影することができるます。

RICHO THETA SC2の本体の外観

旅やお出かけの思い出やパーティーシーンでの集合写真を撮るときにもぴったり。

何より嬉しいのが、薄くて軽くてポケットに入るぐらいのサイズ感です。

まさに、手のひらサイズ!

RICHO THETA SC2 は手のひらサイズ

比較しているスマホはiphone XR。

スマホと比較した時の写真。スマホは大きいサイズのiphone XR

スマホと比べても同じぐらいのサイズ感ということがわかりますよね!

3年以上愛用している旧モデル(THETA S)と比較すると、大きさはほとんど変わっていませんね。

左側が旧モデルのTHETA S 。右側がTHETA SC2

手にとってみると重さが違います。新しいモデルのTHETA SC2のほうが軽い!重さは約104グラム。かばんに入れても全く気にならない重さです。

THETAには数種類のモデルが存在しますが、RICHO THETA SC2はまさにエントリーモデル!

他のモデルに比べて求めやすい価格帯で、操作性がよく扱いやすい。簡単に360度写真を撮影することができます。

前面にミニディスプレイがついていて撮影モードがすぐ確認できるので使い勝手がとてもいいです。

RICOH THETA SC2を利用してみた!きれいな写真がサクッと撮れる!

写真の撮影は本当に簡単。本体中央部分にあるボタンを押すだけです。

側面に、写真または動画のモード選択、人物を撮るときのモードやタイマー設定などもできます。

全面のディスプレイには、どのモードを選んでいるのかが直感的にわかるように表示されるので、操作はとても簡単。子どもでもすぐに使えていました。

▽ハロウィンキャンプのときの写真!THETA SC2で撮影

キャンプアンドキャビンズでのハロウィンキャンプのときに撮影

自撮り棒をセットして撮ると、手の部分が大きくうつりこまないきれいな写真をとることができます。

スマホでシャッターの操作ができますが、THETA SCについているタイマー設定が便利ですよ。タイマー5秒のボタンを押して、自撮り棒で高い位置からパチリと撮影。

スマホアプリとカメラは連動することができ、アプリ(THETA)のボタンから切ることができます。

▽スマホのアプリと連動して、撮影の確認やシャッタスピード・露出の設定値の変更も可能

露出を上げたり、シャッタスピードを変更したりなどもスマホアプリから簡単に操作できるので、星空や夜景などこだわった撮影をすることができます。

普通に撮影するときは、そのままでOK!撮影するシーンにあわせてきれいに撮ることができます。

試しに、家にある小物も撮影してみました。

▽正面部分を切り出した写真。スノードームの細部までくっきりと鮮明にうつっていますね。

撮影した写真はスマホのアプリで簡単に編集できる!

撮影した写真はスマホのTHETA用のアプリを利用して、スマホへの転送が簡単にできます。

以前の機種と比較すると、THETA SC2は転送速度も早いのでストレスもなし。

カメラとスマホの接続は初回のみ無線接続の設定をすればOKです。

動画や写真の編集は、THETA+という無料のアプリでおこなえます。スマホアプリだけでなくPC用のアプリもありますよ。

360度の写真はFacebookやLINEでは360度写真のままシェアできます。指でぐるぐると360度回転させることができるタイプの写真をそのままシェアできますよ。

360度に対応していないInstagramなどのSNSにシェアしたいときなどは、編集をして好きな部分を切り出せばOK!

▽こちらは、リトルプラネットというビュー方式。

小さな惑星の上に人物や建物などが立っているような写真に変換できます。

▽ミラーボール。ビー玉の中に360度の写真を閉じ込めたように見えます。

▽一部分を切り出した写真。沼に写った木々まで美しくくっきりと写っていますね!

▽動画を撮影することもできますが、静止画からアニメーションの編集もアプリの機能でできます。

▽乗鞍岳の剣が峰に登頂したときの写真!まさに360度の大パノラマ!

▽上海旅行にて。奥の高層ビル群と手前側の外灘エリアのレトロで豪華なビルの比較ができますね!

まとめ THETA Sは扱いやすくお出かけにおすすめ!

最後に、THETA SC2でできることをまとめてみます。

RICOH THETA SC2 でできること
  • 360度の動画・写真の撮影
  • 撮影するシーンに合わせて簡単に撮影。顔、夜景、車窓モードを搭載
  • 4K(3840 x 1920、29.97fps)動画撮影
  • 電源ONから撮影まで約1.5秒。撮りたいときにすぐに撮れる!
  • 前面の表示パネルで、電池の残量やモードがひと目で確認できる
  • スマホのアプリと連動。シャッタースピードや露出の変更、シャッターをスマホで切ることもできる。
  • スマホへの転送が簡単。専用アプリで写真や動画の編集もとっても簡単
  • SNSへのシェアすぐにできる!
  • 軽い!ポケットに入るサイズで持ち運びやすい

軽くてサイズも手のひらサイズなので、持ち運びしやすいTHETA SC2。操作は驚くほど簡単で、真ん中にあるボタンを押すだけで撮影ができます。子どもも撮影していました。

子どもが撮った写真もブレずにちゃんと撮れていましたよ。

スマホへの転送と編集が簡単にできるのはうれしいポイント!せっかく360度で撮影できても気に入った部分を切り出したりするのが難しかったら残念ですから。SNSへのシェアもサクッとできてしまいます。

▽ハロウィンキャンプのコテージの様子。

しょう

パーティーシーンや旅やお出かけのおともに全天球カメラという選択肢をぜひ!

RICOH THETA はこちらからチェック!

▽当記事で紹介しているRICOH THETA SC2はこちら

▽最上位のフラッグシップモデル RICOH THETA Z1 はこちら

▽アドバンスドモデル RICOH THETA V

▽THETAの自撮り棒はこちら THETA本体と手の距離があき指が大きく写り込まない写真を撮ることが可能

全てのカテゴリー

運営ブログ

▽年間20泊以上している我が家。ファミリーキャンプを紹介するブログ

▽栃木県小山市(おやまし)の地域情報を発信するブログ

しょうラヂオ。について。

『しょうラヂオ。』は月間41万PVを達成!札幌や北海道での子連れでのお出かけ情報、子連れ旅、ファミリーキャンプ登山、子育てに役立つ情報・お得な情報を発信しています。
■ 当サイトについて(取材・お仕事依頼・お問い合わせはこちら)
■ 運営者「しょう」のプロフィールはこちら
————————————–
Facebookページのいいね!でお出かけ・旅・育児の役立つ情報を受け取ろう!

————————————–
▽ 友だち登録でお出かけ・旅・育児の役立つ情報を受け取ろう!
友だち追加
————————————–
▽ twitterでしょうをフォローする