当別町の亜麻畑を紹介!かれんな薄紫色の花畑を見にいこう。亜麻まつりも開催

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

こんにちは。札幌のブロガー しょう(@syoradio1)です。

今回は、北海道の当別町にある亜麻畑を紹介します。
昨年訪れたときは、可愛らしい薄紫色の花が一面に咲いていましたよ。
毎年、7月上旬には、亜麻まつりも開催されます。

スポンサーリンク

亜麻ってなに?歴史や亜麻仁(アマニ)油や繊維など

そもそも亜麻は、どのような植物だか知っていますか?(わたしは知りませんでした!)

亜麻と聞くと思い出すのは、『亜麻色の髪の乙女』

亜麻の歴史や亜麻から作られるものを調べてみました。

亜麻は江戸時代から、亜麻仁(アマニ)油をとるため栽培が始まった植物です。
明治時代には、繊維を取るために北海道に導入し、かつては当別町でも亜麻の栽培は盛んでした。

しかし、コストも安い化学繊維の登場によって昭和40年代には亜麻は化学繊維にとってかわれれ、亜麻畑は消滅していました。

そういえば、亜麻仁(アマニ)油は、雑誌の健康特集でも見かけたことがあります。

アマニ油はからだに必要な油オメガ3(必須脂肪酸)αリノレン酸を豊富に含み、中性脂肪や高血圧、心臓疾患の予防として効果があると言われ、毎日摂取することが必要です。最近の健康ブームによるシニア層を含めた意識の高まりや、TV番組で取り上げられ注目される食品になっています。

なるほど、健康という面からも注目が高い食品なんですね。

▼こちらは、北海道産の亜麻仁油。

値段を見てびっくりしました!超・高級品なんですね!!すごい!すごいぞ!

スポンサーリンク

当別町の亜麻畑を紹介!美しい花畑にうっとり

当別町の亜麻畑は、以前に盛んに栽培されていた亜麻畑を復興させたものです。

当別町の亜麻畑からとれたものは、亜麻繊維(リネン)製品や、亜麻そばなどの特産品にもなっていますよ。

▼こちらが、亜麻の花。

可憐で美しい薄紫色ですね。

あれ?

亜麻色の髪の乙女って、薄紫色?
紫色の髪の毛なんて、なんだかすっごいとがった乙女なイメージになってしまう…。

いえいえ、違いました。
亜麻色(あまいろ)とは、亜麻を紡いだときの糸の色をさします。
黄色がかった薄茶色のことです。
なるほど、そうなんですね。亜麻色の髪の乙女、想像通りな雰囲気であってますよ。

亜麻畑は当別町の数カ所で見られます。

亜麻畑がある場所には、『亜麻畑』ののぼりが立っているのでわかりやすいですね。

満開の美しい花を一番堪能できる時間は、早朝。
亜麻畑の場所は毎年変わるので、当別町の観光協会の公式サイトで確認してくださいね。

北海道亜麻まつりの開催日時、場所、内容などの紹介

当別町では、毎年7月上旬に、『北海道亜麻まつり』が開催されます。

2017年の開催概要です。

「第10回北海道亜麻まつり」の詳細情報
  • 日時:7月9日(日) 7:00~13:30
  • 会場:旧東裏小学校(当別町東裏2796の1)
  • アクセス:JR当別駅から車で約10分、JR札幌駅から車で約1時間
  • 駐車場あり
  • 当別町観光協会のサイト
  • 内容:
    亜麻フォトコンテスト入賞作品の展示や亜麻繊維(リネン)採取&糸紡ぎ体験(各有料)
    亜麻製品、亜麻そばの販売や、町内の特産品を使った米だんご、フランクフルトなどの出店も。
    会場から亜麻畑を結ぶバスも運行予定

おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク