オートリゾート苫小牧アルテンのコテージは真冬でも快適、写真多めで紹介!

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

こんにちは。
ハードキャンパーのしょう(@syoradio1)です。
ここ数年は、子連れのファミリーキャンプで年間20泊近くしている我が家です。
先日、真冬の北海道のキャンプ場のコテージに泊まってきました。

場所は、苫小牧にある「オートリゾート苫小牧アルテン」です。高規格のキャンプ場がゆえに、ハードキャンパー(自称)の我が家でさえも、訪れるのも初めて。(キャンプ場選びの基本路線は、限りなく無料or低価格!)
さてさて、初めて訪れるアルテンのコテージはどのぐらい快適だったのでしょうか??
業者並みに写真を撮りまくってきたので、今回も写真多めでじゃんじゃん紹介します。

スポンサーリンク

オートリゾート苫小牧アルテンの紹介!充実のセンターハウス

訪れたこの日は気温は高く、雪は降っていませんでしたが、アルテンに近づくと霧が出てきました。
入口で、アルテンの看板を発見。

オートリゾート苫小牧アルテンの入り口にある看板

アルテンのセンターハウス。立派です。小屋とかではありません。

アルテンのセンターハウス

センターハウスの主な設備

  • 受付
  • 売店
  • トイレ:洋式トイレできれいです
  • コインランドリー
  • シャワー(男女各2)シャワーもきれい

センターハウス内

売店も充実しています。さすがですね!お菓子にビール、飲料水など一通り売っていました。

センターハウス内の売店

バーベキュー用品やキャンプ用品も充実していました。
着火剤を買い忘れてホームセンターに途中で立ち寄りましたが、ここで売っていました。

売店にはバーベキュー用品なども充実

売り切れなどもあるのであてにするのは危険ですが、いざという時には安心ですね。

電子レンジやポットもありました。

センターハウスには電子レンジとお湯もあり

さすが、アルテンのセンターハウスです。建物内も綺麗で充実しています。

スポンサーリンク

宿泊したキャビン(コテージ)の紹介!

さて、センターハウスで受付を済ませ、コテージへ向かいます。

コテージは人数や設備により、タイプが分かれています。

キャビンやデッキハウス、ログハウスが立ち並ぶコテージ村

アルテンのコテージ・バンガローの種類、値段

  • ログハウス 6人用 24000円
  • キャビン 9人用 18000円
  • デッキハウス 6人用 23000円
  • ロフトハウス 5人用 14500円
  • バンガロー 4人用 9000円
    ※ただし、11月から3月までの冬期間は料金が30%オフ
  • 車のコテージ村への駐車、2台目以降は別料金(1000円ほど)がかかりました。
 
  • すべてのタイプに炊事台、トイレ、ストーブ、テレビ付き
  • 和室があるログハウスと寝具付きのデッキハウス以外は、すべてマットレス付き
すべてのコテージのタイプに暖房がついています。
11月から3月までの冬期間は30パーセントオフなので、暖かく快適で手軽にアウトドアを楽しむことができます。

こちらが、宿泊したキャビン(9人用)です。

9人用のキャビンは10棟

3家族、大人6人子ども6人で宿泊する予定でしたが(電話で確認したところ3家族で1棟でも大丈夫とのことでした)、1家族が残念ながら来られなくなり、2家族の大人4人子ども4人の8人で利用しました。

以前利用したことがある北海道の赤平市の「エルム高原リゾートの虹の村のコテージ」と比べるとだいぶこじんまりとした印象を受けましたが、2家族で快適に過ごすぐらいの空間はありました。

宿泊したキャビン

 

キャビン内の1階の様子。

チェックインし、玄関のドアを開けるとすでにストーブがつけられていました。
ポカポカで快適なキャビン。

キャビン内、ストーブが暖かい!

このストーブはとっても暖かくて、2階で遊んでいる子どもたちは暑い暑い!の大騒ぎ。
窓を開けて冷たい空気を取り込み、さらには子どもたちは肌着姿になっていました。

大人ものどが渇きます。大至急のどを潤したい気持ち!!
これは、以前に紹介したあれですね。北海道あるあるな状態です。

えっ!北海道って凍えるぐらい寒いから厚着でしょ!!という誤解を解いてみようと思う

2016.01.27

キッチンは、流しとガスコンロがついています。
調理器具、皿はありません。

キャビン内のキッチン

冷蔵庫。冷凍庫もあり容量も十分でした。

キャビン内の冷蔵庫、冷凍庫もあり容量たっぷり

トイレもきれいです。

キャビン内のトイレ。きれい

収納もありました。

キャビン内1階にある収納。

冬の期間なので、もちろん虫はいません!快適!快適!
2階へと続く階段。

キャビン内の階段

吹き抜けになっています。

2階から1階を見下ろしたところ

子どもたちが、2階から飛ばした紙飛行機がたまに頭にささったり、栗やどんぐりだといいながら、紙くずを上から落として大喜びしていました。

この日は、ほほえましい遊び…ということにしておこう。

2階の様子です。マットレスは備え付けのもので、9枚分ひけるぐらいのスペースがありました。

2階。マットレスは付属のもの。9枚ひけるスペース

2階。マットレスは付属のもの。9枚ひけるスペース

屋根裏部屋というような雰囲気で、かっこうの子どもの遊び場です。

天窓がついています。部屋が明るく、天気がよければ星空も楽しめますね!

天井に窓がついていて部屋が明るい!夜空も楽しめそう

コテージ泊の過ごし方

コテージに到着し、荷物を搬入。
キャンプのような大荷物でもないし、テントの設営もないのですごく楽ちんです。
しかも、部屋はあらかじめ暖まっています。

子どもたちはさっそく自分で持ってきたおもちゃ(トランプやお絵かき道具)を取り出し、2階で遊んでいました。

コテージでの過ごし方。子ども編

大人たちは、やっぱり・・・、のどを潤しますか。

お友達が作ってきてくれた和風マリネなど

お友達が作ってきてくれた和風マリネなど

こちらは、栗山町にある小林酒造を訪れたときに仕入れてきたもの。

小林酒造

小林酒造

夏なら間違いなくバーベキューですが、この日はホットプレートと鍋を家から持参しました。

ホットプレートでは、チーズぎょうざと焼きそばのお手軽料理。

ホットプレートと鍋を持ち込み、お手軽料理

鍋は、チゲ鍋を食べました。普段なかなか食べられない辛い鍋が食べられて幸せ!

さてさて、日も暮れてきたらお楽しみのたき火の時間。
直火でなければ、たき火はOKです。

たき火大会!

たき火大会!

たき火台が3台あるのにお気づきですか??
我が家のと友人家族のと、もう一台、ミニたき火台。

このミニたき火台は、友人家族のものですが、なんと子ども用にして使っているのです!
これいいですよね。

子どもたち、まきをくべたり何かとやりたがります。

どうせなら、子どもたちにすべて任せてしまうという方針すっごくいい!!
このミニたき火台我が家も欲しいアイテムです。(子どもたちが欲しがっている…)

キッチンのコンロもIHだと、日常でそもそも火に触れる機会すらないですよね。火の扱い方を知らない子どもが増えているそうです。

火の扱い方や危なさを実体験で学べる、アウトドアのいいところです。

たき火のときには、毎回のようにマシュマロを焼いています。

マシュマロを火であぶっているところ

マシュマロを火であぶっているところ

スーパーで売っているマシュマロでもいいのですが(今回はスーパーのものです)、ジュピターやカルディなどの輸入食品店のマシュマロのほうが大きくてフレーバーもいろいろとあり楽しめます。

こげたマシュマロをリッツに挟んでいただきました。

こげたマシュマロをりっつに挟んで、ぱくり!

こげたマシュマロをりっつに挟んで、ぱくり!

スモア風マシュマロ。とけたマシュマロの甘さとリッツの塩分が絶妙なコンビネーション。
お外で食べるとなんでも美味しいのだ!!

必要な持ち物リスト、子連れコテージ泊

    • 食料
    • 寝袋
      毛布などでも代替え可能、
      わたしは、コット(簡易ベット)を利用

私が利用しているコット。腰が痛くなりません(笑)

  • 食器、
  • 遊び道具(室内、屋外)
  • 着替え、バスタオル、洗面用品
  • ボックスティッシュ、ウエットティッシュ類、
  • 調理器具、お湯を沸かすならやかん、フライパンなど
  • 必要に応じて、ホットプレートや鍋(コンセントあり)

 

  • 外で楽しむならアウトドア用の椅子
  • たき火をするなら
    たき火台、まき、着火剤、トングなど
  • 必要に応じてバーベキューグリル

服装は?どのぐらい厚着の格好でいけばいい?

ストーブを利用する冬期間は、コテージの中は暖かいので特別な厚着は必要ありません。
屋外でバーべーキューやたき火をするときには、暖かい服装が必要です。

遊具や炊事場、水遊びができる池など

コテージ以外の施設です。
夏の間はとてもにぎわいそうですね。遊具や水遊びができる池もあります。

キャンプ場の炊事場

遊具もある!

あそんで池。夏場はにぎわいそう!

オールシーズンアクティビティが楽しめる

5月~10月はミニ新幹線、乗馬やカヌー、パークゴルフやテニス、冬の間は歩くスキーなど一年十通してアクティビティが楽しめます。
レンタル用品もいろいろありました。

レンタル料金表

遊び道具のレンタル類。

遊び道具のレンタルも充実

オートリゾート苫小牧アルテン 詳細情報

  • 住所:苫小牧市字樽前421-4
  • TEL:0144-67-2222
  • 敷地内に温泉あり
  • 公式サイト

 

今回のしょうラヂオ。

真冬のアウトドア、とても快適でした。キャンプに比べて、荷物も少なく、設営も撤収もないので、とっても楽ちん。コテージも暖かくて、居心地がよかったです。冬期間30パーセントoffも嬉しいですね!
テントサイトも木々があり林サイトで気持ちがよさそうでした。遊具も水遊び場もあって楽しめそうなので、次回はキャンプで訪れたい場所です。

関連記事

近くのお出かけスポットはこちら

海の駅・ぷらっと港(みなと)市場で苫小牧グルメを堪能!!

2016.02.15

宇宙好き集合!苫小牧科学センターは宇宙ステーション「ミール」の展示にプラネタリウムもすべて無料!

2016.02.15

ドライブコースの紹介!

[しょう的札幌近郊ドライブコース]支笏湖~苫小牧満喫プラン(子連れでもOK!)

2016.02.15

子連れで訪れたキャンプ場30ヶ所以上を一挙に紹介!

【キャンプ場ガイド】ファミリーキャンプを楽しもう!おすすめなど、30サイト以上を一挙に紹介!

2016.02.04
おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
↓LINE@のお友だち登録もぜひ! LINEで更新通知を受け取る!
twitterでしょうをフォローする