三角山で幼児から登山を楽しもう!お手軽だけど立派な山登りの体験を!!|札幌

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

こんにちは。札幌のしょう(@syoradio1)です。

前回の記事では、月寒公園に新しく登場した充実すぎる遊具たちを紹介しましたが、今回は山登りです。

そう、登山です。
山登りを楽しんでいない方が、登山と聞くと、とてもハードルが高いイメージがありませんか?
ましてや、子連れ登山なんて無理無理!と思われている方も多いかもしれません。何を好き好んで、辛い思いして山登り…、という声まで聞こえてきそうです。

しかし、しょう が住んでる札幌には幼児から楽しめる低い山がいくつかあります
以前の記事で紹介した『登山デビューにも最適!子どもといっしょに円山を登ろう!』の円山もその一つ。

円山と同じくらいに登山デビューに熱烈におすすめしたいのが、今回紹介する『三角山』(さんかくやま)。幼児から楽しめ、体力に自信がない大人だって(はい、わたしです…)、登頂の達成感を味わうことができます。

スポンサーリンク

三角山(さんかくやま)とは?登頂までの時間、駐車場やアクセスなど

三角山(さんかくやま)とは?

三角山。さんかくやま。名前がかわいいですよね。
「ザ・お山」ともいえる名前がついている三角山ですが、見る角度によっては三角形の形をしていることからその名が付きました。

場所は、北海道札幌市西区の山の手にあります。札幌の中心部から見ると、円山の裏手に位置します。
標高は311.3 mです。

登頂までの時間は?

一番気になるのが、どのぐらいの時間で登頂できるのか?ということだと思います。
我が家は4歳の娘が自分の足で登り切るのに、登り50分でした。
途中、厳しい勾配の個所もありますが(後ほど写真で紹介します)、ゆっくり歩いても1時間もあれば登頂することができます
幼児からお年寄りの方まで親しまれている人気の山です。

駐車場、トイレ情報、登山ルートの紹介

三角山の登山口は、山の手、小別沢、宮の森の3カ所があります。
駐車場があり利用しやすいのは『山の手』入口です。我が家も山の手入口から登りました。

この場所が、三角山の登山口(山の手)の入口にある駐車場です。

山の手入口前にある駐車場の写真。

登山ルート「山の手」入り口前の駐車場

登山ルート「山の手」入り口前の駐車場

訪れた日は、よく晴れた休日ということもあり駐車場はいっぱいでした。

登山口の道路沿いにも車がびっちりと止めてあります。

車道にも車がびっちり!

車道にも車がびっちり!

この車の台数を見ただけでも、人気の山ということがうかがえます。

登山道の入り口のすぐ近くにトイレもあります。

登山道入り口にはトイレもあり

登山道入り口にはトイレもあり

新しいトイレではないのですね。
子連れの場合は、飲み物を買うついでに途中のコンビニなどでトイレを事前に済ませてきたほうがいいかもしれません。我が家は、山登りに携帯トイレをつねに持参しています。少し高い山に登った時に子どもが使用したことがあります。災害時にも役に立ちますし、持っていると安心感があります。

自販機や売店はないので、飲み物、おやつや食べ物の用意も忘れずに!

スポンサーリンク

三角山登山スタート、登山道とピークまでの紹介

駐車場で登山靴に履き替え、リュックを背負い、準備完了。

我が家の子ども3人分の登山靴です。

子ども3人分の登山靴

子ども3人分の登山靴

登山靴は、円山や三角山では必須ではありませんが、これから登山を楽しみたいという方にはおすすめです。
特に下り道は滑りやすいので、登山靴があったほうが安心感がアップします。

エイエイオー!いざ出発です。

登り口に案内板が設置されています。看板からルートがいくつかあることがわかります。

入口の案内板

入口の案内板

登り始めてすぐの山道。
img_1412.jpg
いきなり少し勾配がきついです。頑張れ頑張れ!
基本的には緩やかな山道ですが、途中には急こう配の部分もあります。

途中の急こう配の部分

途中の急こう配の部分

途中途中に看板があるので、ルートの確認やどのぐらい進んだかがわかりやすいです。

途中途中に案内板がありわかりやすいルート

途中途中に案内板がありわかりやすいルート

登っていくと、三の坂、四の坂…と表示があります。

十の坂でゴールです!

十の坂でゴールです!

だいぶ登ってきました。

だいぶ登ってきました

だいぶ登ってきました

横を見ると、すでに素晴らしい景色が広がっています。テンションが上がりますね!

すでにいい景色!

すでにいい景色!

頂上のすぐ手前には東屋も設置されています。

頂上手前には東屋もあります

頂上手前には東屋もあります

さぁ、頂上はもう目の前。がんばれがんばれ!

頂上が見えてきた!もう少し!

頂上が見えてきた!もう少し!

三角山の頂上から札幌の街並みを一望!!

三角山に登頂しました!我が家の子どもたち3人とも自分の足で歩きました。

三角山に登頂!

三角山に登頂!

三角山の山頂からは素晴らしい景色が望めます。
札幌市内を一望。

先日に登った三角山の山頂からの景色! 次はどの山に登ろうかなぁ( ´ー`)ノ #札幌 #hiking #climbing #三角山 #登山 #子連れ登山

ブログ「しょうラヂオ。」のしょうさん(@syoradio)が投稿した動画 –

手前右側に見えるのは、円山です。

三角山の山頂からの景色

三角山の山頂からの景色

札幌ドームも見えますね。

札幌ドーム

札幌ドーム

テレビ塔も発見!

テレビ塔

テレビ塔

遠くは海のほうまで見渡せます。

頂上で達成感を感じつつ、お昼休憩。出会ったお花たち

無事に登頂したので、お昼休憩を兼ねて一休み。 三角山の山頂の様子です。

三角山、頂上

三角山、頂上

中心部分は岩場になっていますが、周りにベンチが数客ありました。 我が家は、登山用のガス(バーナー)持参なので、お湯を沸かして、おにぎりと一緒に少しのカップラーメンとコーヒーを頂きました。

火力がすごい我が家愛用のバーナー

火力がすごい我が家愛用のバーナー

500ミリリットルのお湯が1分ちょいで湧きます。

カップラーメンとコーヒーのお湯がすぐにできる優れもの。

パーコレーターで直火で珈琲もぐつぐつ

パーコレーターで直火で珈琲もぐつぐつ

登頂の達成感とともに、淹れたての珈琲が美味しいこと!

途中途中で出会うお花たちを子どもたちと探してもいいですね。
辛い山道もなんのその。お花を探しているうちに、どんどん登っています。

子どもが自分の足で登ることができたら、ものすごくほめてあげてください。自分の足で山をのぼったといことが、きっと大きな自信になると思います。

今回のしょうラヂオ。

今回は、幼児から登ることができる札幌にある山、「三角山」の紹介をしました。
気になる方は、リュックに水筒とおにぎりを入れて、晴れた日にぜひぜひチャレンジを! 登頂できなくても、山道をお散歩するだけでも、きっと楽しみがあるはずっ。

我が家は、北海道の短いシーズンの間に、キャンプや登山を楽しんでいるので、このブログでもちょくちょく発信できたら…と思います。

札幌からしょう(@syoradio1)がお届けしました。
気に入ったら、SNS等でシェアしていただけるとかなりうれしいです♪
では、次回の更新もお楽しみに!

 

登山デビューにも最適!子どもといっしょに円山を登ろう!|札幌

2015.06.03
おすすめ記事▼ 「AMAZONプライム」お試し1ケ月間は無料!
◆野菜が高いぞ!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK

スポンサーリンク