ウィンタースポーツミュージアムがリニューアル!オリンピックミュージアムへ!変更点は?

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

こんにちは。札幌のブロガー、しょう(@syoradio1)です。

我が家の大好きスポット、大倉山ジャンプ競技場の隣りにあるウィンタースポーツミュージアムが改装で休館していましたが、2017年2月21日にリニューアルオープン
名前も「オリンピックミュージアム」と変わります。変更点やオープン日などを紹介します!

スポンサーリンク

ウインタースポーツミュージアムは「オリンピックミュージアム」へ!展示も一新

今回紹介する施設は大倉山ジャンプ競技場の隣りにあるミュージアム。
もともと「ウインタースポーツミュージアム」という名前でしたが、改装をへて「オリンピックミュージアム」へ名前も変わります。

オープンを記念し、オープンから1週間の期間の2017年2月28日(火)までは入館料が無料になります。

  • オープン日:2017年2月21日(火)
  • 入館料無料は2月28日(火)まで

子どもから楽しめる体感・体験ゾーンの展示は今まで通り

アイスホッケーや、スピードスケート、スキージャンプの疑似体験ができる体験ゾーンの展示は今まで通りです。体験ゾーンの展示は、なかなか楽しい!

中学生以下無料なので子どもを遊ばせついでに訪れても楽しめる施設です。

こちらは、スキージャンプの体験中。
大空に飛び出して、着地するまでまるでジャンプをしているような感覚を味わえます。

スキージャンプ!真剣です

ジャンプの距離を競うのはもちろん、最後にテレマークを入れるのも忘れずに!

こちらは、ボブスレー。

ボブスレーに乗り込み中

映像に合わせて右に左に体を傾けます。100キロのスピード感を体感中。

こちらは、アイスホッケーのキーパー体験中。

アイスホッケーのキーパー体験!

キーパーが二人いますが、よしとしましょう…。

クロスカントリーの体験ではスキー板を前後に滑らせ、3人でレースが出来ます。

リニューアル後、一新するのは展示コーナー

リニューアル後新しく変わるのは、展示コーナー。
「オリンピックススピリッツゾーン」、「オリンピックゲームゾーン」、「パラリンピックワールド」という3つの展示エリアに分かれて、オリンピックの世界観や名シーンを解説します。

実際の競技用具が展示されたり、映像が映し出されたり。

展示ゾーンの詳細は、リニューアルオープン後に訪れてから追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

「オリンピックミュージアム」の入館料、アクセスなどの詳細情報

「オリンピックミュージアム」の入館料、アクセスなどの詳細情報です。

リニューアルオープン後も入館料に変更はありません。

「オリンピックミュージアム」の詳細情報
  • 住所:札幌市中央区宮の森1274
  • TEL:011-641-8585
  • アクセス:地下鉄東西線「円山公園」駅下車、円山バスターミナルからバス「円14新井山線」乗車「大倉山行競技場入口」下車、徒歩10分
  • 駐車場あり(無料)
  • 料金:600円 中学生以下無料
  • 営業時間:夏季(4月29日~11月3日)9:00~18:00、冬季(11月4日~
    翌4月28日)9:30~17:00
  • 隣に大倉山ジャンプ競技場あり

今回のしょうラヂオ。

ウィンタースポーツミュージアムは親子で大好きな場所。北海道外から友人が来たときに、よく一緒に訪れるスポットでもあります。
メインともいえるウインタースポーツの体験コーナーはそのままなので、親子で楽しめる施設はそのままに展示がより充実しそうですね!
リニューアルオープンしたら訪れて、記事を更新する予定です。せっかくなので、無料で入館できる期間にお訪れたいなぁと思いつつ…。

お出かけの参考になればうれしいです!

▼札幌エリアで子どもがワンコインのスポットや施設はこちら

【札幌エリア】無料・ワンコインの室内の遊び場・子どもスポットのまとめ!雨の日も雪の日もOK!

2016.11.02
おすすめ記事▼ 「AMAZONプライム」お試し1ケ月間は無料!
◆野菜が高いぞ!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK

スポンサーリンク