北海道でツリートレッキング・ジップラインを体験しよう!全6ヶ所を紹介します!

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

木の上のアスレチック、ツリートレッキング。

木の上に張り巡らされたロープの上を歩いたり、ムササビのように森の木々の中を滑空したり。
ハーネスという安全装置をつけて体験するこのツリートレッキングは、運動神経のよさにかかわらず体験できるのも嬉しいポイント。

我が家は富良野にある「富良野ツリーアドベンチャー」で親子ツリートレッキングを体験!
まさに、親子で大興奮。子どもたちも「またやってみたい!」ととても楽しそうでした。なんといっても、大自然を体感しながらいつもとは違う目線でアスレチックをするのは、貴重な体験ですよね。

ツリートレッキングは富良野以外でも、北海道で他にも体験できる場所があるのでまとめてみました。

2017年10月にオープン予定の国内最大級のスポットもあわせて、全部で6ヶ所紹介しますよ。

案内人 ウサキ
だいたい小学生ぐらいから楽しめるのも嬉しいポイントだぞ!

スポンサーリンク

ツリートレッキングとは?

案内人 ウサキ
そもそも、ツリートレッキングってなんだ?

「ツリートレッキング」とは、フランス生まれの木の上のアスレチック。
木の上につくられたアスレチックコースを巡るもの。

一本のロープの上や細い板を歩いたりしますが、万が一、足を踏み外しても大丈夫。
「ハーネス」と呼ばれる安全装置であるベルトを付けているので、足を踏み外しても落下しない仕組みになっています。

落下しないとわかっていても、スリル満点。
手に汗を握りながら、さまざまなしかけや変化に飛んだコースを進みます。

森の木々の中を滑空するジップラインも大人気!
ジップラインは、公園にある遊具のターザンロープのロングバージョンのようなもの。同じくハーネスがついているので、落下の心配はありませんよ。

身長制限などの基準をクリアしていれば、大人も子どもも、運動に自信がなくても楽しめるアクティビティ、それがツリートレッキングです。

それでは、ツリートレッキングが北海道で楽しめる5つの場所を紹介します。

スポンサーリンク

【札幌市】ばんけいの森 ban.Kツリーアドベンチャー (イーストエリア)

ばんけいスキー場は、札幌都心からわずか20分、札幌中心部からいちばん近いスキー場。

夏の期間は、ばんけいの森として、いろいろなアクティビティを体験することができます。
ツリートレッキングも体験できるアクティビティの1つ。

「ばんけいの森 ban.Kツリーアドベンチャー 」の特徴やポイント

  • 札幌中心部から車で約20分
  • 大人も子どもも同料金
  • ジップラインとツリートレッキングでコースが別。
  • ジップラインは全6ライン(全長560m)最長ライン120m、ツリートレッキングは10ステージ
  • 他にもストライダーなどの体験あり
「ばんけいの森 ban.Kツリーアドベンチャー」の詳細情報
  • 住所:〒064-0945 札幌市中央区盤渓410番地
  • TEL 011-641-5100
  • 料金…ジップライン・ツリートレッキング両方(1周)…2,500円(大人・子供同料金)、
  • ジップラインまたはツリートレッキングのどちらかのみ1周…1,500円
  • 利用制限:身長120㎝以上でハーネスの取付が可能な方で体重90㎏以下の方
  • 公式サイト

▼地図

【札幌市】定山渓ファーム ツリーアドベンチャー

札幌市の定山渓にある定山渓ファームでもツリートレッキングとジップラインを体験することができます。

定山渓ファームでは、季節ごとに果物狩りや釣り堀やピザ作りなどの体験をすることができる施設。

入園料が必要で、体験ごとにさらに料金を支払うシステムですよ。

果物狩りなどと一緒にツリートレッキングを楽しむのにもぴったり。

ツリートレッキングとは別に、高さ2メートルほどのボルダリングなどがある「森の遊び場」という子どもが自由に遊べる場所もありますよ。

定山渓ファームのツリーアドベンチャーのポイント

  • 札幌中心部から車で約50分。
  • ツリートレッキングとジップラインの両方あり
  • コースはツリートレッキングとジップライン合わせて合計25アイテム
  • ジップラインは最長100メートル
  • ツリートレッキングの体験料のほかに、入園料が必要な施設
  • 果物狩りや釣り堀など、他の体験も盛りたくさん
「定山渓ファーム」の詳細情報
  • 住所:〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓832
  • TEL:011-598-4050
  • 営業時間:9:00~16:00 (5月~11月上旬) ※無休
  • 車でのアクセス時間:札幌市内中心部から約50分、新千歳空港から約90分、定山渓温泉から約5分
  • 定山渓ファーム入園料:大人(中学生以上)…500円、子ども(4歳以上)…300円、乳幼児(3歳以下)…無料
  • ツリートレッキング&ジップライン1回の料金:1,700円
  • ツリートレッキング&ジップラインの利用制限…身 長:120cm以上、体重:90kg以下
    ※身長140cm以下のお子様は、できるだけ150cm以上の兄弟や大人と一緒に参加
  • 定山渓ファームの公式サイトはこちら

▼地図

【ニセコ町】ニセコビレッジ 自然体験グラウンド「ピュア」

冬の季節はスキーを楽しめるニセコ。
温かい夏の数ヶ月間は、ニセコビレッジにある自然体験グラウンド「ピュア」では、様々な体験ができますよ。

ニセコビレッジ 自然体験グラウンド「ピュア」の特徴とポイント

  • ジップラインは総延長1.4キロ、日本最大のロングスケール!
  • ジップラインは要予約
  • ツリートレッキングは初級コースと上級コースに分かれている
  • 高さ10mからのフリーフォールアトラクションなどのたくさんのアクテビティがある
  • 一日遊び放題のパスポート制の料金もああり
「ニセコビレッジ 自然体験グラウンドピュア」の詳細情報
  • 住所:〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
  • TEL(0136)44-2211
  • 営業期間:2017年4月29日(土・祝)~10月9日(月・祝)
    4月~5月はGW期間4月29日~5月7日のみの営業
    6月は土休日のみ営業(平日は団体営業のみ、予約制)
    7月1日~10月9日は毎日営業
  • 営業時間:9:00 ~17:00まで営業(10月1日~10月9日は16:00まで営業)
  • ツリートレッキングの料金:大人2,300円、子ども1800円
  • 他のアクティビティも遊び放題の一日パスポート券:大人(高校生以上)¥4,500、子ども(中学生以下)¥3,500
  • ジップラインは予約が必要。
  • ニセコビレッジの公式サイトはこちら

【伊達市・北湯沢温泉】野外アドベンチャーパーク北湯沢「ムササビ」

野口観光の北湯沢温泉「みどりの風リゾートきたゆざわ」と「森のソラニワ」という温泉リゾートの裏の森に登場した野外アドベンチャーパーク「ムササビ」。
北海道で流れるCMで子どもが楽しそうに森の中を滑空する姿を見たこともある方も多いのでは?

ツリートレッキングのコースは難易度により2種類あります。
ツリートレッキングとは別にロングジップラインもありますよ。

野外アドベンチャーパーク ムササビの特徴やポイント

  • ツリートレッキングは難易度で2コースあり
  • ツリートレッキングとジップラインは別料金
  • 北湯沢温泉の敷地内にある野外のアドベンチャーパーク

 

「野外アドベンチャーパーク北湯沢 ムササビ」の詳細情報
  • 住所 〒052-0316 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-7
  • TEL: 0142-68-6677
  • 営業時間:8:00~18:00まで(最終入場17:00)季節により変動あり
  • ツリートレッキング(ファミリーコース・難易度を抑えたコース)の料金:大人2,000円、子供1500円
  • ツリートレッキング(ファンコース・難易度が高いコース)の料金:大人2,500円、子供2000円
  • ロングジップラインの料金:大人1,500円、子供1,000円
  • 利用条件…小学生以上で身長:120cm以上、体重:25kg~110kgまで
  • 公式サイトはこちら

【富良野】ツリーアドベンチャー富良野

我が家が体験してきた場所、富良野にある「ツリーアドベンチャー富良野」。
親子セット券があるので、他の場所に比べると、お得な料金で楽しむことができました。
さらに、ツリートレッキングができない未就学児が遊べる無料のアスレチックがあるのも嬉しいポイント。

ツリートレッキングは全部で19ステージあり、ジップラインも長さは長くないですが、途中2カ所ほどあります。
富良野観光と一緒に北海道の自然を体験するのにはぴったりのアクティビティですよ。

▼ツリーアドベンチャー富良野の料金や内容などの詳細はこちらの記事からどうぞ

【富良野】ツリートレッキングを親子で体験!木の上を歩くスリル満点のアスレチック

2017.09.11

【倶知安】「NACアドベンチャーパーク」:国内最大級!2017年10月オープン予定

最後に紹介するのは、倶知安に2017年10月上旬にオープン予定の「NACアドベンチャーパーク」。
なんと規模は国内最大級になる予定だとか。

※料金や営業期間などの詳細情報が分かり次第追記します。

さいごに

以上、北海道でツリートレッキングやジップラインが体験できるスポットを6カ所紹介しました。

案内人 ウサキ
ジップラインにツリートレッキング、ここ数年で一気に広まった感じがするな!
今回紹介したスポットは以下のとおり

  • 【札幌市】ばんけいの森 ban.Kツリーアドベンチャー (イーストエリア)
  • 【札幌市】定山渓ファーム ツリーアドベンチャー
  • 【ニセコ町】ニセコビレッジ 自然体験グラウンド「ピュア」
  • 【伊達市・北湯沢温泉】野外アドベンチャーパーク北湯沢「ムササビ」
  • 【富良野】ツリーアドベンチャー富良野
  • 【倶知安】NACアドベンチャーパーク(2017年10月オープン予定!)
しょうの代理 ルルン
北海道の雄大な自然を感じながら、体験したいアクティビティですね!
お出かけの参考になれば嬉しいです。
おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク