[しょう的札幌近郊ドライブコース]支笏湖~苫小牧満喫プラン(子連れでもOK!)

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

こんにちは。札幌在住のしょう(しょう@syoradio1)です。

今回は、先日に我が家が満喫したドライブコースの紹介をします。
札幌発、支笏湖に立ち寄り、オートリゾート苫小牧アルテン1泊、苫小牧満喫プランです。
宿泊しなくても日帰りコースとしても楽しめます。

スポンサーリンク

札幌発 支笏湖経由でオートリゾート苫小牧アルテンへ

お昼ご飯は千歳で!カフェモ・ルタオへ

札幌を午前中に出発し、まずは千歳でお昼ご飯。
今回、行きたかったのはルタオ直営店、『ドレモ・ルタオ』の「カフェモ・ルタオ」でしたが、開店直後に訪れるも、すでに行列で断念…。
かわりに、ドレモ・ルタオのショップでルタオのパンを買い、頂きました。
少しお値段は高めのパンですが、総菜パンなどとても美味しかったです。

千歳のドレモ・ルタオ(カフェモ・ルタオ)はカフェやランチ、お土産選びにもおすすめ!

2016.02.14

支笏湖で氷濤(ひょうとう)まつりとビジターセンターへ

次に訪れたのは、支笏湖温泉で開催されている氷濤(ひょうとう)まつりへ。
あいにくの高気温で、滑り台やチャイルドリンクなどの子どもの遊び場はすべて閉鎖されていましたが、支笏湖ブルーの深い青色の氷のオブジェが美しく楽しめました。

紹介!支笏湖ブルーが美しい氷濤(ひょうとう)まつりへ!

2016.02.14

氷濤(ひょうとう)まつりの会場にある支笏湖ビジターセンターにも立ち寄りました。
ボタンを押したら鳥の鳴き声が聞こえたりと、体験型の展示が子どもにも大人気!

支笏湖ビジターセンターの紹介!支笏湖の自然を楽しく学ぼう!

2016.02.14

宿泊地のオートリゾート苫小牧アルテンへ!

次の目的地は、この日の宿泊地、オートリゾート苫小牧アルテン。
コテージ泊なので、キャンプと比べたら楽なこと!
早い時間からだらだらと過ごし、夜はたき火を楽しみました。

オートリゾート苫小牧アルテンのコテージは真冬でも快適、写真多めで紹介!

2016.02.14
こちらの記事では、アルテンの紹介だけでなくコテージ泊の持ち物や過ごし方、ご飯のメニューなども紹介しています。

スポンサーリンク

2日目は苫小牧の観光とグルメを満喫!

次の日は、苫小牧の観光とグルメを満喫しました。

まず向かったのは、苫小牧科学センター。
宇宙ステーション「ミール」の実機が展示されています。

宇宙好き集合!苫小牧科学センターは宇宙ステーション「ミール」の展示にプラネタリウムもすべて無料!

2016.02.15
宇宙ステーションをまじかで観ることができて感動しました!宇宙好きな人はぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。
しかも、入館料やプラネタリウムもすべて無料。靴を脱いで遊べるスペースもあるので、小さな子ども連れから楽しめます。

そして、苫小牧グルメを堪能。
訪れたのは、『海の駅・ぷらっと港市場』です。
新鮮な魚介類や野菜やくだもののお店が並び、食堂では海鮮類やご当地グルメを食べることができます。

海の駅・ぷらっと港(みなと)市場で苫小牧グルメを堪能!!

2016.02.15
食堂もたくさん入っていて、ラーメンやチャーハンなどもあり、海鮮オンリーというわけではないので、子連れでも訪れやすい場所です。

最後に訪れたのは、記事にはしていませんが、苫小牧美術博物館。

苫小牧市美術博物館

苫小牧市美術博物館

公式サイト
ウトナイ湖の周辺で観察できる、植物や鳥、魚類や動物のジオラマのコーナーが面白く、親子で学んできました。

訪れた場所の地図、ルート

訪れた場所の地図とドライブルートです。

今回のしょうラヂオ。

以上、週末にしょうの家族が訪れた場所のドライプコースの紹介でした。北海道は大地が広ければ、魅力もいっぱい。何度訪れてもそのたびに新しい発見があります。季節ごとにまったく違った魅力があるのもいいところですよね。
お出かけネタの参考に少しでもなれたら嬉しいです。

おすすめ記事▼ ◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク