キャンプで炭焼きバームクーヘンを作ろう!プロに教えてもらいました| BBQレシピ

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

こんにちは。
キャンプが大好きな「しょうラヂオ。」のしょう(@syoradio1)です。

今回は、キャンプのときにぜひぜひ作ってみたい「炭焼きバームクーヘン」の作り方教室に参加させてもらったのでそのレポートを。
お友だちが主催です!(パリで菓子作りを学んだお菓子の先生!みないろいろなスキルがあってすごいなぁといつも思っています)

ひとまきひとまきゆっくりと時間をかけながら、年輪を加えていく作業。炭火でじっくりと時間をかけて焼き上げていくバームクーヘン。

キャンプでつくったら、贅沢な時間と最高の美味しい幸せが待っています!

スポンサーリンク

しょう作バームクーヘンが散々だった過去…。

今回お届けする炭焼きバームクーヘン教室のレポートの前に、わたしのキャンプ黒歴史(?)をちらりと。

少し前のシーズンの秋キャンプのこと。お友だち家族と、無謀にも炭焼きバームクーヘンに挑戦したことがありました。

まぁ、散々でした。(笑)

果敢にも炭焼きバームクーヘンに挑戦中!

果敢にも炭焼きバームクーヘンに挑戦中!

「あっっつ!!」

「むりむり!ほぼ生地がたれてる!」

だらだらたれている生地をみて、ナウシカに出てくる巨神兵を思い出しました。あのできそこないのやつです。

このときの完成形はこちら。

な・なぞの物体が!!

な・なぞの物体が!!

ええっ?なんですか?新種のいもむしとかそのたぐいではないですよ?

「バームクーヘン風味な謎のおやつ」です。(バームクーヘンとは自分でもいい難し!)

見た目はあれですが、楽しい思い出!

見た目はあれですが、楽しい思い出!

大爆笑なバームクーヘンづくり。

これはこれで美味しく楽しい記憶でしたが…。なんか違う!かなーり違う!ええ、違いますね。

ということで、プロのお友達に教室を開催してもらいました。

スポンサーリンク

炭焼きバームクーヘンの作り方

教室では、生地の作り方からじっくりと教えてもらいました。

生地作りからじっくりと!

生地作りからじっくりと!

生地は、卵白と卵黄を別々に泡立てて作る別立て式の作り方。教室では、プレーンと抹茶味2本作りました。

ケーキ作りにも応用できそうなお菓子作りの基本の部分も教えてもらいました。

やはり、なんでも最初はゆっくりと、少しずつ混ぜることが重要なようです。わたしのように、「どちゃー、えい!やっ!」的な感覚はダメですね。

レシピを載せるのは控えますが、生地はお手軽にホットケーキミックスでつくったものでも大丈夫だそうです。

炭焼きバームクーヘンのポイントは

火加減と焼き方に最大のポイント

があります。

焼くときに必要なもの

  • 竹…これ重要です。以前は100均で仕入れた太い綿棒をつかいましたが、持ち手が熱くなり長さも短くて無理でした。焼き台より長めのもの。ホームセンターなどでも売っているそうです。爆発防止のため、穴を1つ開けときます
  • アルミホイル
  • オリーブオイル
  • バームクーヘンの生地
  • 炭火と焼き台

炭焼きバームクーヘンの焼き方

炭焼きバームクーヘンの焼き方です。

火力がポイントです。炭火は強火、強めの火力が必要です。

強めの火力が必要!

強めの火力が必要!

竹にアルミホイルを巻き付け、オリーブオイルを塗っておきます。(アルミホイルをはがしやすくするため)

生地をつける前に、事前にアルミホイルで巻かれた竹を暖めておきます。
暖まったら、バームクーヘンの生地をつけて、お玉の裏などで均一になるように伸ばします。無駄な生地が垂れ落ちてから焼きはじめます。

ぬった生地を均一にするのも重要!

ぬった生地を均一にするのも重要!

炭火の上で焼きますが、最初が肝心。タレないようにかなり早く回します
ある程度、生地が固まったら、焼き色を付けるためにゆっくりで大丈夫。
ひたすら、生地をつける→均一に伸ばして→炭火で焼く の繰り返しです。必要な時間は1時間〜1時間半ぐらい。

根気が必要な作業ですが、炭火を囲みながらゆっくりと。ある意味贅沢な時間ですね!

いい感じになってきました!

いい感じになってきました!

そして、完成!

完成しました!

完成しました!

輪切りにすると、すごい!!

年輪がくっきりと!見た目にも美しい!

年輪がくっきりと!見た目にも美しい!

年輪がくっきりと出ていて、見た目にも美しいバームクーヘン。

こちらは抹茶味です。

抹茶味のバームクーヘン

抹茶味のバームクーヘン

しょうがキャンプで作ったバームクーヘンが大失敗だった要因は、この3つですね。

  • 火力不足。
  • 棒の長さが短くて、持ち手も熱くなり早く回せなかった。
  • 生地をつけたときに、均一に伸ばしていない。

食べてみると、さらなる感動が!!

見た目にも美しくて美味しいバームクーヘン!

見た目にも美しくて美味しいバームクーヘン!

回りがこんがりとサックサクで中はほどよくしっとり。美味しすぎる!
美味しくて幸せなひと時を過ごすことができました。
焼き時間は1時間はみなければいけないので、時間があるときにぜひ我が家のキャンプでも再びチャレンジしたいです。
きっと、美しい年輪を重ねたバームクーヘンが焼きあがるはずっ!

今回のしょうラヂオ。

キャンプの楽しみは、キャンプごはん。
炭火やたき火を囲んで、みんなでわいわい楽しくて美味しいひととき。幸せです!

これから、少しずつキャンプ関連の記事を増やしていく心づもりです。キャンプごはんも紹介したいなぁ。

しょうの作るキャンプごはんは、誰でもできるお手軽で簡単(てきとうとも言う…)なアウトドアメニュー。

美味しくて幸せなひと時が過ごせればいいのだ!

教えてくれたお友達にも感謝!

↓Instagramもやっています!SNSでしょうとつながって絡んでもらえると嬉しいです♪

おすすめ記事▼ ◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク