札幌ウィンタースポーツミュージアム

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

☆中学生以下無料
☆ベビーカー入場可
☆飲食できるスペースあり(持ち込み可、軽食の売店もあり)
☆おむつ替えスペースあり
☆幼児から大人まで楽しめる!

大倉山展望台にある札幌ウィンタースポーツミュージアムの紹介です。
街中のほうから車を走らせ円山動物園を抜けてその奥のほうにある大倉山。
夜には、大倉山の山肌に光るジャンプ競技場のライトが目立ちます。
その大倉山ジャンプ競技場に併設されているのが「札幌ウィンタースポーツミュージアム」です。
観光客が訪れる場所のイメージがありますが、地元民が行っても十分に楽しめるスポットです。
IMG_7514.jpg
広々とした無料の駐車場があり、ジャンプ競技場やウィンタースポーツミュージアムへは駐車場から長いエスカレータで向かいます。
ここからは札幌市の景色が一望でき、これだけでも訪れる価値はあります。
夜景はさらに綺麗で見ごたえがあります。
エスカレーターを降りると目の前がすぐジャンプ競技場。
だれもがテレビなどで一度は目にしたことがある場所だと思います。
その迫力、ジャンプ場の坂の急さなどに圧巻されます。
ジャンプ競技場の頂上ヘはリフトで登ることができます。
ちなみに私が今回訪れたときは、子供3人連れ(1歳、3歳、5歳)で大人は私1人だったので、リフトに乗ることは断念しました。
リフトは二人乗りです。
リフトをあがると、展望台があり、ここから札幌の景色を眺めることができます。
またジャンプ場の急斜面もよくわかり、選手の素晴らしさが少しでも体感できると思います。
私が以前に、リフトで頂上まで上がり、そこからジャンプ台のスタート地点を眺めたときは、真下が見えないような想像以上の急こう配に心拍数がかなり上がった記憶があります。
さて、ここからウィンタースポーツミュージアムの紹介です。
数年前に故障しがちだった体験マシンの入れ替えなどを行い、以前より体験の内容なども楽しくなっていました。
そして、幼稚園児でも楽しめるか不安でしたが、5歳の息子でも十分に楽しめる内容でした!
札幌オリンピックの展示や、スケート、ジャンプ、フリースタイル、アルペンなどの競技ごとのスキーなども展示されていて実際に触れることができます
ジャンプスキーの大きさなどに子供は興味津々で、触っては喜んでいました。
また、札幌オリンピックで実際に使われた表彰台に上がり記念撮影することもできます。
そして、この施設の最大の魅力は体験型の展示内容
一番メインのスキージャンプのシミュレーターは(大画面でジャンプを体験し、タイミングよくテレマークという姿勢を入れる)、小学生以上という制限がありました。
しかし、それ以外の体験はすべて幼児でも楽しむことができました
そして、一緒に大人も楽しめるのは嬉しいです。
体験にはこのようなものがありました。
◎アイスホッケーでのキーパ体験
画面に相手選手がシュートをうちにくるので、それを全身を使って防ぐ。
わたしも子供たちも反射神経が鈍く、ほぼすべてゴールを決められていました・・・
◎ボブスレーの体験
・本物のボブスレーに乗ることができます。
・前方と横に大型のスクリーンが設置されていて、スタートからゴールまでのスピード感あるボブスレーのコースが映し出されます。それにあわせて体を動かすという体験です。
3歳の娘と5歳の息子が乗り込み、係りの方が画面のレースにあわせてボブスレーを右に左に傾けてくださり、子供たちは大喜びしていました。
◎フィギュアスケートの回転体験・台と金属の棒があり、台に乗り棒につかまり回る。
目が回ります。子供は喜んでいましたが、わたしはスピードを出して回り恐怖を味わいました・・・。
◎スピードスケートの走行体験
・靴の上から専用のカバーをつけます。カバーは大中小あったので、幼児でもはけました。
・氷に見立てた床があり、前方のスクリーンにレースが映し出され、レース中にその床を右に左に滑り何回行き来できたが記録を競います。
◎ジャンプ体験・先に述べた小学生以上の制限が付いているものとは別にもう一つあり、こちらは幼児から楽しめます。
・指定の場所に立ち、ジャンプの姿勢をとり、前方のスクリーンにジャンプのスタートから滑り降りジャンプする様子が映し出されるので、それに合わせて、ジャンプをするというもの。
タイミングが良ければ、大ジャンプとなります。タイミングが悪いと、画面上のジャンパーは最悪転んでしまいます。
◎歩くスキー体験・台に取り付けられたスキーに足を置き前後にスライドさせ、レースができます。
最大3名まで一緒に競うことができます。
また、シアターがあり30分ごとに、映画が上映されます。
内容は札幌のウィンタースポーツの歴史や、札幌の紹介などでした。
自分たちが住んでいる街ということもあってか、3歳の娘も5歳の息子も楽しんでみていました。
ミュージアムで体験を楽しんだ後は、1階にあるカフェで休憩することもできます。
ここのソフトクリームはなかなか美味しいです。
ウィンタースポーツミュージアムの入場料金は、ありがたいことに中学生以下無料。大人は600円。
リフトとのお得な共通券もあります。
以上、子供といっしょに大人も楽しむことができる体験型のミュージアム、札幌ウィンタースポーツミュージアムの紹介でした。
場所:札幌市中央区宮の森1274
アクセス:バスまたは自家用車
⇒公式HPはこちらから
————————————————–
このブログでご紹介している子連れスポットの一覧はこちらから
→子連れスポットの一覧へ
(※お店や施設の情報は現時点でのものです。最新の情報は各お店・施設へお問い合わせください)

おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
↓LINE@のお友だち登録もぜひ! LINEで更新通知を受け取る!
twitterでしょうをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です