ロープウェイ、ケーブルカーに乗って藻岩山へ

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

乗り物好きの子どもは大喜び間違いなしです!
普段はなかなか乗る機会がない乗り物、ロープウェイとケーブルカーに乗って、藻岩山の山頂へ。
2011年に藻岩山関連施設がリニューアルされました。
それにしたがって、ロープウェイも一新。
ガラス面が大きなロープウェイは大迫力。
藻岩山の自然とともに札幌の街並みが一望できます。
ロープウェイで藻岩山の中腹まで登り、そこからモーリスカーの愛称で親しまれるケーブルカーへ。
ロープウェイもケーブルカーもさすが新しいだけあって、乗るだけで満足度が高いです。
ガラス面が大きく大パノラマを楽しめるロープウェイに、森の中を登っていくケーブルカー。
004.JPG
<ロープウェイからの景色。藻岩山の自然と札幌の街並みが一望できます>
バリアフリーなのが嬉しいところ!なんと、どちらもベビーカーごと乗車することができます
ロープウェイもケーブルカーも進行方向と反対の後ろ側が一番景色を楽しめるのでおススメです。
モーリスカー(ケーブルカー)は車両が2つつながっていますが、下のほうのケーブルカーのほうが景色を楽しめます。
ただし、ケーブルカーの下のほうの車両は乗り降りに階段を使うので、ベビーカーでのご利用の方は上側の車両になります。
山頂からの景色は札幌市内、遠くの山々まで一望できます。
道外からのお客さんを連れて行っても喜ばれるスポットです。夜景ももちろん綺麗です。
山頂にある展望台は、山のふもとと比べると気温も低く風も強いことが多いので、暑い日でも羽織るものがあったほうが無難です。(特に夜は!)
中腹駅にお土産屋さんがありますが、子供向けのお菓子やおにぎり類は見当たりませんでした。
必要な場合は、お菓子や持参することをお勧めします。
山頂にはお土産屋さんは入っていません。レストランと、プラネタリウムがあります。
料金は、大人1人につき未就学児2人まで無料です。
ケーブルカー、ロープウェイ合わせた往復料金は、大人で1700円、小人(小学生以下)850円。
ここまでおススメしておいてあれですが、高めの料金です!
そして、山頂にレストランがありますが、そちらも高めのお値段です。
あまりの高級路線で登山客を考えていないなどの批判を受け、最近ではお手軽なメニューもあるようですが、ランチなどを考えている方は事前にチェックしていったほうがおススメです。
ただし、2013年6月中は藻岩山月間で、大人往復料金1000円、子供500円なので、機会があればぜひお勧めします。
藻岩山は登山でも親しまれています。
幼稚園くらいであれば、登ることができます。幼児の足でゆっくりのぼって1時間ちょっと
我が家は、主人と長男(5歳)が登山、私の下の娘2人が乗り物で山頂で待ち合わせしました。
ロープウェイで幼児2人連れでも、大人1人分の料金しかかからず、しかも割引期間中で1000円だったので、とても得した気分になりました。
天気のいい日に普段乗らない乗り物に乗って、札幌の景色を観ながら、自分の住んでいる町を子供と眺めるのもいいですね!
⇒公式サイトはこちら(藻岩山ロープウェイ)
————————————————–
このブログでご紹介している子連れスポットの一覧はこちらから
→子連れスポットの一覧へ
(※お店や施設の情報は現時点でのものです。最新の情報は各お店・施設へお問い合わせください)

おすすめ記事▼ ◆賢くお得に旅やお出かけをしよう!→レジャー・観光施設の割引クーポンをGet!
◆子育てファミリー必須ですよ!→「AMAZONプライム」おためし1ヶ月無料は試さないと損
◆主婦だって手抜きしたい!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK
◆作文力・図形センスアップなら →ドラえもんが可愛い「ドラゼミ」を無料で試してみたよ!

スポンサーリンク
↓LINE@のお友だち登録もぜひ! LINEで更新通知を受け取る!
twitterでしょうをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です