モエレビーチで水遊び!

スポンサーリンク
このカテゴリの人気記事3選

札幌で大人気の水遊びスポット、モエレ沼公園のモエレビーチの紹介です。
夏の暑い日には混雑必死の大人気スポット。
彫刻家のイサム ノグチによって設計されたモエレ沼公園、このモエレビーチもイサムノグチ氏の設計によるものです。
美しいこのビーチは、池の中に3ヵ所の吹き出し口から水が出て、波紋を作りながら波となります。
池の周りは白く舗装されていますが、なんとサンゴを使って舗装されているそうです。
開放期間は、6月1日~9月23日(10:00~16:00)
定休日は毎週木曜日なのでご注意ください。
海のように岸のほうは浅く、中心部に向かうにつれどんどん深くなっています。
と言っても、浅い部分が長く続き、深い部分でも大人のひざ丈程度なので、小さい幼児でも遊ぶことができます。
定期的に中心部から定期的に高く水が噴き出したりして、水に動きがあるので楽しいです。
IMG_6914.JPG
「真夏にはたくさんの人が押し寄せるモエレビーチ!子どもの歓声が絶えません」
周りには日影のパラソルが設置されていますが、数が少ないのでサンシェードを持参することをお勧めします。暑い夏の週末や夏休み中は、ビーチの周りはぐるりとサンシェードで埋め尽くされます。
プール利用の場合は、水着の着用が必要になります。
ただし、手足のみの親水利用の場合は水着は必要ないです。
また、オムツのとれていないお子さまは必ず「水遊び用おむつ」を着用くださいとのことです。
モエレビーチのビーチサイドには売店があり、ソフトクリームなどや飲み物、水遊び用おむつなどが販売されています。
難点は駐車場からモエレビーチまで少し距離があること
ゆっくり歩いて15分ぐらいはかかります。
幼児はできたらベビーカー持参がいいです。行きは元気よく歩いても、帰りは疲れて歩けない可能性があります。
荷物が多い場合はキャリアを使ったりすることをおススメします。
モエレ沼公園内に売店やレストランもありますが、公園内での移動を考えると、飲み物や昼食はあらかじめ持参したほうがいいです。
モエレビーチのほかにも遊びどころ、見どころがたくさんあるモエレ沼公園、一日かけてゆっくりと訪れたい場所です。
モエレビーチ(モエレ沼公園内)
住所:〒007-0011 札幌市東区モエレ沼公園1-1
開放期間 6月1日~9月23日
開放時間 10:00-16:00
定 休 日  木曜日
⇒公式サイトはこちら
————————————————–
⇒札幌市内・近郊の水遊びのスポット一覧はこちら
このブログでご紹介している子連れスポットの一覧はこちらから
→子連れスポットの一覧へ
(※お店や施設の情報は現時点でのものです。最新の情報は各お店・施設へお問い合わせください)

おすすめ記事▼ 「AMAZONプライム」お試し1ケ月間は無料!
◆野菜が高いぞ!→Oisixのお試しセットを注文、送料無料でお得すぎた!
◆完全無料→自分の強みを5個教えてくれる!「グットポイント診断」は受けなきゃ損なレベル!

◆月額980円の幼児教材 →幼児の家庭学習の教材を愛用中!2歳からOK

スポンサーリンク
↓LINE@のお友だち登録もぜひ! LINEで更新通知を受け取る!
twitterでしょうをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です